読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nora

tomo | Graphic designer, Illustrator | デザイン、イラストのお仕事をしています。日頃のたわいない独り言をつぶやいていきたいと思います。

こんにちは、2017ねん


f:id:ROKIT:20170306172455j:plain



キットカット抹茶味を
ダンボールで箱買いしました。

スーパーで意外となくて。
母に、バレンタインだから
キットカット色々ありそうなのにね
って言ったら、

やだ。バレンタインなんて
とっくに終わったわよ。

あ。


だから、
ネットで12コ入りが12袋入った箱買い。
1ダース。キットカットなのにダース。

最初、足りないかと思って
あやうく2箱カートに入れてたよ。

2箱 … 
12コ×12袋×2箱=288コ…。


途中でサイズ感に気づき、
1箱のみ購入。
あぶないあぶない。

ただ、
ネットでキットカット箱買いして
平日の昼間にそれを受け取る
30すぎた女ってどうよ。

そんな日に限って
荷物運んできたお兄ちゃんが
爽やかだったりするわけよ。

しかも箱を抱えドアに挟まり
バタつく私のために
ドア押さえててくれたりして。

あ、リガトウゴザイマス!
オツカレサマデス!!
頬染めて。
キットカット1ダース抱え。




と、まあ
そんなこんなだが、
キットカットはひとまず
たらふく手に入ったど!

うふふ。
集まったキットカットたち、
イギリスの友達に頼まれて
UKに送るのだ。
Green tea Kit Katが大好きなコが
いるらしい。

せっかくだから、
たんまり送ってあげようと。
更にせっかくだから、
味くらべできるように
プレミアム抹茶味も入れてみた。

そこでどうしたものか。

一緒に送る手紙とか
いろいろ準備してたら、
たんまりあるキットカット
こちらをみてる。

こんなに
いっぱいあるんだから
一袋あけてみても
いんじゃない?

別に一袋くらい
いいじゃんいいじゃん

だめだよだめだよ
ぜんぶUKに送るんだよ


食べちゃえ食べちゃえ

だめだよだめだよ








食べてた。



うめえ。

でも送る箱に12袋入りって書いてある。
でも1袋あけちゃった。
正直もう3つたべてる。

日本語だし分からないかも
しれないんだけど、なんとなく、
ガムテープで "12袋入り"部分
隠しながら封をしてみた。

勝手に感じる罪悪感。
なんもわるいこと
してないはずなのに。。


ともあれ、
喜んでくれたら嬉しいな◎
キットカット抹茶味が好きってのも
嬉しいな◎

無事届きますように。切実。
(イギリスの郵便局不信。)


そんな最近の話題でしたが。




いやはや

年明けてから
だいぶ日がたってしまいました。

本年もよろしく
お願いいたします◎


f:id:ROKIT:20170306171231j:plain



あまりにも年末
焦って師走ブログして
年内なんとかまとめたぁ

って安心して
年末年始に母と庭でバドミントンして
ラブちゃんにバドミントンの羽根
おもちゃにされて壊れて
おせち食べて
東京もどって
週一でタコ焼き器で
タコ焼きつくって
タコ焼きたべて
(ひとりタコ焼き含む)
毎日ゲームしまくってたら
こんなに日がたってた。

ゲームしすぎて
目いたくなって
涙ぼたぼた流しながら
でもとまんなくて
ゲームしまくってたら
こんなに日がたってた。

とある朝方、
「ジャガイモを…
ジャガイモを収穫しないと…」

と、スマホに手を伸ばして
いたらしいです。




稀勢の里が初優勝をしました。
あの涙と共に泣きました。

おめでとう◎
おめでとう◎

嬉しいニュース。


でも、ひとつだけ言いたい。

テレビとかで必ずみんな
茨城をイバラギって言うんだけど、

本当にイバラキなので
本当になんとかしてください。


毎回テレビに突っ込む私の声は
誰にも届かない。

イバラギちゃうねん。



魅力度3年連続最下位の茨城だけど
今年は抜けるかもしれないな◎


そういうわけで、
稀勢の里のパレードいってきました。
おっきかった。感動しました。

お相撲さん、
とってもいいにおいがした。

今場所、プレッシャーは
半端ないと思うけど
それさえ投げ飛ばして
がんばれ稀勢の里

まさかの友人家族も♡



さて。
2017ねん。

今年一年の漢字は、
もう決めました。

「開」


道が開ける、
開運、
開放?

とにかくも
こうなるよう
精進するのだ。

まず、


健康。
(美容含む)


私はゴハンをおさえる行為が
どうやらできないので、
どうしても食べたいものを
食べたいときに
食べたいだけ食べてしまう。

食べないときは
きづけばお外は夜でした並に食べない。

ということを自覚している。

てのは、
健康的に非常によろしくない。

ということも自覚している。

できるかぎりそこは改善の努力を


しつつ、ひとまず1月に
噂の30日スクワットを完了し、
引き続き今も様々な内容まぜて
筋トレしてみる。

前に友人に言われた一言
「カラダしぼろうか」から
ちょっとずつ内容増やしながら
なんだかんだ毎日続けている。

むりしちゃうと
つづかないから
むりせずエブリデー。

(疲れちゃった日は :P ペロし)


自分のペースで
つづけよう。


あとは勉学。

昨年もこの目標たてて
文法書を毎晩お風呂で読んでたのに
季節もあたたかくなった頃、
お風呂→シャワー生活になった頃、
この日課は完全消滅した。

今年は友と
プチプレッシャーをかけながら
頑張ってみる。

コツコツ持続。

でもいきなり1週間で終わる本に
2ヶ月かけてる。
気になりだしたら
ページすすまなくて
1ページに1週間かけてる。

そんな感じで
今年頑張ってみる。

今年おわる頃に、
「開」いた年になったと
自分が思えるかどうか、
ひゃードキドキ。



そんなこんなで今年も2月。

きづけば毎年2月はなぜか
観るのがお決まりになってる。
あーだこーだ言いながら。


そんなこんなで今年も誕生日。

そしてわちきは34に
なったでありんす。


f:id:ROKIT:20170306171927j:plain


そらと、らぶのケーキ♡


お祝いの言葉ありがとう♡
サプライズありがとう♡
プレゼントありがとう♡

おやすみーと部屋に入ったのに、
12時になった瞬間、
ハッピバースデー歌いながら
部屋から出てきた父。

誕生日当日は実家にいたのですが
誕生日前にまさかの風邪っぴき。
あんな元気餅だったのに。

ひとまず雪だるま並に着込んで
起き上がり小法師並にゴロンゴロンして
意地で治したかと思いきや
大切な仕事道具を忘れてきて
いったん東京に戻らねばならぬという
今日この頃。
更に駅まできて部屋の鍵忘れるという
今日この頃。

自業自得に落ち込む
私の心をあたためたのは
愛ある友たちからの
お祝いメッセージでした。
涙にじむ。

ありがとう◎◎


家族親族友達たちの存在を
今日も感謝でかみしめーる。

みんながいるからここまでこれた。
だいすきでーーーす



それにしても
最近いろいろわすれる。
阿闍梨餅もトイレに忘れたし。

身体だけでなく
気を引き締めにゃ34さい。


歳とるのはイヤだけど
歳とる楽しみは
ちょっとだけわかった気がする
今日この頃。

がんばった分
何かしらカタチになるのだ。


f:id:ROKIT:20170306171531j:plain



こちらは2月の誕生日前のある日。
実はめっちゃテンパってるの図。
この日の夜にダウンの巻。

基本テンパってるのが土台にある私。
今年は何かひとつ余裕をもとう。


もう3月だけど。



げ、3月!  はや!

母から、ともが幼稚園の時につくった
お雛様だよって写真がきた。

鞘がやけにごつい。
刀と鞘に憧れて
ここだけ本気で作ったらしい。


f:id:ROKIT:20170306172217j:plain



まだ飾ってくれてる、うれちいね。



さいごに。


ちなみに。

大量に売ってた。


ばいばい、2016 ねん




2016ねんがおわる。
早い。


12月31日。


朝、一階のスピーカーから
ジャズがきこえる。

それで目がさめる。
父が聴きながら家掃除してた。



そういえば。

年末年始といえば、
よく家族でかるたを
してた記憶があります。

人生ゲームも好きだった。
銀行になりたがる。
金を数えたがる。

ダイヤモンドゲームとか。
あとやっぱりオセロとか。
なつかし。

何かしらのゲームを
したくなる年末年始。

このあいだ、
ともだちの家に招待され
おもむろに始めた
このゲーム、まじ面白かった。
おすすめします。

私、渾身の作品。


f:id:ROKIT:20170101000939j:plain



これ、ほしい。シュール。
なんか、いろいろ
脳とかに効果ありそう。

脳が、

脳が、、


器用になりそう。


大爆笑で盛り上がるはずが
ともだちの彼と結局
無言の真剣勝負。


f:id:ROKIT:20161231232829j:plain



静かなる戦。

すてきなおもてなしを
ありがとう◎
ふたりが飼っている
ふわふわうさたん、かわいかった♡
めっちゃ、私、
おしりかじられてたけど。

饅頭かと思ったのかな。



年末にむけ実家へ帰郷。
駅前がどんどん派手に。


年末恒例。

実家近くの
友人ファミリー宅で
今年も今年の懺悔を
してきましたよ◎

手巻き寿司〜〜

たっぷりたべて
おしゃべりして
ふくふく満足でした。

いつも居心地よくて
ゆっくりしてまうわ〜
いつもありがとう◎

これで今年も無事に
しめくくりそうです。
ふくふく

ブログの文字がなぜか
勝手にでっかくなるーーぅ



個人的には


「働」か

「姉」      かな。


年初めに行った各所の神社で
とにかく今年は私は置いといて、
姉を・・!!姉をっっっ



と、切実に祈ったら、
ほんとに叶った。

来年、感謝のお参りに行かなきゃ。
かみさま、ありがとうございます。

でも、何事もこれから。
まだまだ一歩ずつ、
おごることなくゆきましょう。

私も歩み切り開いてゆきましょう。


働。うむ。
ふりかえると、
お仕事をたくさんした気がする。
本当にありがたいことと
しみじみ思います。日々感謝。

更に精進していこう。
常に進化。

そしてたくさんの旅で
大切な思い出ができた。
ありがとう、みんな。
一生の宝物♡

あっという間に月日たち、
12月を師走と呼ぶ意味が
本当に本当にワカル。

ブログも師走ったな。
さいご立て続いて
師走った。

やべ。
イギリスの友達への
クリスマスカードまだ
ここにある。

あ。
年賀状もここにある。

あはははは




ゆず湯にきのう浸かった。

ぜんぶちょっとおそい!


そして私の中では
今年動いた様々な世界情勢や
今後の変化に対しても
かなり色々そうですね。

考えます。
思います。

考えよう。
みんなで考えよう。


庭にでっかい夏みかん?
夏みかんて冬にできるの?


f:id:ROKIT:20161231133006j:plain



今年はー
母が全般的に元気なく

私もココロにぽっかり穴模様。
(ここまで落ち込むとは。)

26にちは
姉ちゃんと姉ちゃんの彼と
3人でテレビ囲んで
姉ちゃんと並んで泣いたよ。


SMAPロス。
スマロス。



未練たらたら。

けれど、きっと、
もっとつらい人たちがいるよね

私の目の前にもいる。




さいごの中居くんの
ラジオをきいたよ。

ありがとう。


どんな雑音にも
左右されぬよ。

信じているから。

ありがとう!


ひとりひとり、全員、
ありがとう!!!(号泣)

うわーーん



なんじゃこの切なさは。
こんな悲しい年越し
はじめてだぜ。



今年も1年、みなさん本当に
ありがとうございました。

母のおせちづくりのお手伝いして
今夜もラブちゃんの隣で
ぬくぬく年越します。


来年は、
勉強と美意識あげて

「開」


だな!


みんなが笑顔で
過ごせますように!

アディオス!!!


f:id:ROKIT:20161230153249j:plain




独身のリア充的クリスマスなのだ



昨年に引き続き
クリスマスへの想いを勝手に語る。
ちょっと遅くなっちゃったけど。

やっぱりクリスマスは

毎度ですが
Bing Crosbyのホワイト・クリスマスを
きかねば、私のクリスマスは

はじまらぬ。
そしておわらぬ。



どうも、独身です。

リア充クリスマスをしたい。
今年も地元のあの2人が
はるばるやってきてくれました。

今年もあのちっちぇー
ツリーをかざって。

リア充感を放出してみよう。
いえー!


f:id:ROKIT:20161221232717j:plain



たこ焼きパーリナイト♡
チキンもあるよ。

ようやく先輩に買ってもらった
(買わせた)ブルーノ登場。


f:id:ROKIT:20161222190620j:plain



メキシコのプエブラで買った

タラベラ焼きも活躍◎


サンタたちの語らい。

f:id:ROKIT:20161230222835j:plain



エンドレスたこ焼き。
最終的に美しい彩りに。


f:id:ROKIT:20161222214508j:plain



最終的に、
チーズとお餅とチョコいれると
おいしいという結論に。

チーズのしょっぱさと
チョコの甘さと
のびる餅。

好きな人にはたまらない。
ぜひともご賞味くだせい。


f:id:ROKIT:20161230224646j:plain



今年は借りてきてくれた
ブリジットジョーンズ1を
改めて観たおして
胸ギュンギュンさせる
女子のクリスマス。

友よ、かわいいケーキ
ありがとう◎
お菓子は母から差し入れ。
お菓子の国になった。

f:id:ROKIT:20161230223126j:plain


友達の誕生日もあわせて

おめでとうっっ


とにかくずーっと
食べ続けた2日間であった。
ぐふふ


でぶちんになっちゃうー
って言いながら真剣に
UNOとオセロ

f:id:ROKIT:20161223175536j:plain



時計見ないで過ごすこの時間。
最高だze。
ありがとーっっ

f:id:ROKIT:20161230145645j:plain



サンタさんたちは
サンタの帽子を
忘れて帰りましたとさ。

f:id:ROKIT:20161230224322j:plain




更にイブには
女子デート♡

友人に教わった
30日スクワットを始めたので
ふたりで各所でこっそり
スクワットしながら
1日をたのしみました。

中華街で食べ歩きスタートと同時に
舌をヤケドして味覚を失う友人。
涙   でも笑


合間にスクワット挟みながら
横浜の山手西洋館へ。


私いままで知らなかたよ。
こんなステキなクリスマス
感じられる場所が
あるなんて。感謝。


西洋館を巡って
各国のクリスマスを
感じられる。

ほんとステキだったー
メキシコで写真撮りすぎたのか
私のスマホが発狂したので

友のカメラを借りて
変態並に写真とりました。
ありがとう◎

まずは、イギリスから。


f:id:ROKIT:20161230143130j:plain



たまらないー
すてきな食卓です。
豪華で重みがある。


f:id:ROKIT:20161230145816j:plain



クリスマス翌日に
ツリー下に置かれたプレゼントを
ステイ先の家族みんなで
プレゼントの包装紙に埋まりながら
ガッサガッサ開けまくったのを
思い出す。 ヨダレでそう。


f:id:ROKIT:20161230145747j:plain



さて、
合間にスクワット挟んで


北欧らしい家具でとってもかわいい。
ほっこり。


f:id:ROKIT:20161230143646j:plain


こんな食卓囲みたいという

あこがれはつのる。


f:id:ROKIT:20161230143524j:plain





こちらはアルメニア
アルメニアは1月6日が
クリスマスにあたるらしい。

国ごとの雰囲気が伝わるなぁ。

f:id:ROKIT:20161230144016j:plain



レースもかわいかったなぁ。

f:id:ROKIT:20161230144417j:plain






サンタさんの国です。

予想以上にシンプルで
とってもオシャレ。

f:id:ROKIT:20161230144122j:plain


おされ。

f:id:ROKIT:20161230144312j:plain




ベトナムもオシャレな食卓。
ちょうちんがカラフルで
かわいかった。

f:id:ROKIT:20161230204203j:plain


仏教の国でも
日本のように
クリスマスは祝うらしいです。

f:id:ROKIT:20161230150335j:plain


サンタさんバイクのってる。

f:id:ROKIT:20161230204532j:plain


きらきら


f:id:ROKIT:20161230144657j:plain




途中、
クリスマスのお店へ
連れてってもらったのだ。

f:id:ROKIT:20161230143943j:plain



サンタさんだらけ。
うーん、最高。
ココロ、大満足。

途中、友人の劇的にうまい
ネコの鳴き真似により
付近の人たちに
ネコがいる!
という誤解をうむプチ事件を
巻き起こしながら

歩きたおして
お腹すいちゃった私たち。

仕事の仲良しお姉さんに
教えてもらった
ジキルとハイドカフェで
ディナー◎

映画にまつわる
色々な展示もあって
お酒も全て映画にまつわる名前。
映画好きにはたまらないし
ごはんもボリュームあって
おいしいのだ。

スペアリブ
もりもり。

たぶんお店の人もびっくりなほど
たべました。
そして居ました。
そしてしゃべりました。

合間にスクワット挟みました。

居ました。


お腹も胸もいっぱいに
なったふたり。

すてきなイブーになったー
ありがとう◎
来年への抱負を胸に抱き、
新しい年をむかえましょう。


西洋館、また来たいな。

最高だze!
メリークリスマス◎









また行きたくなっちゃった。そうだ、メキシコいこう⑥

TRAVEL





さいごのひ。

お世話になったイソディン
さようなら。


f:id:ROKIT:20161122123205j:plain



ついについに、

メキシコ旅行さいごのひ。
あまりにもいろいろあった
濃い旅でした。

旅行のさいごのひって
いつもせつない。

ムチャス、
グラシアス。


飛行機の時間を考えると
坂テカスを、  改め、
サカテカスを感じられるのは
夕方まで。

たっぷり、ギリギリまで
たのしもう。
さあ、さいごの1日!


f:id:ROKIT:20161122110813j:plain



さいごの朝は

キンタレアルのホテルで
セレブな朝食を。
ほんと、セレブであった。


f:id:ROKIT:20161122094948j:plain



段になった席で
外を眺めながらのbreakfast
太陽の光降り注ぐ。

俺たちもセレブの仲間入りやな
なんていいながら
スプーンをひっかけて
ついつい床に落とす。

慣れないこと
するもんじゃない。

朝食も素晴らしかった。
とってもおいしかった。


f:id:ROKIT:20161122094909j:plain



キンタレアル。
ほんとすてきなホテル。


f:id:ROKIT:20161122110557j:plain



まぁるい通路には
闘牛場だった時の様子が
飾られている。


f:id:ROKIT:20161122110006j:plain


ポーターさん、
いつも笑顔で挨拶してくれる。

ありがとう◎


f:id:ROKIT:20161230005728j:plain



大きな大きな水道橋。


さあ、本日も、いざ。
行こうぞ!街歩き。

一度も歩いてない方面を
ぶらぶら歩いてみよう。


裏のこっちの方いってみよう。
せんたくもの、かわいい。


f:id:ROKIT:20161122111911j:plain


目につくものすべて気になり
つい足をとめてしまう。

歩いていると、
小さなお家の中で
トルティーヤをつくる家族がみえた。

興味津々にじっと見ていたら、
なんと見学させてくれ、
更には出来立ての
あったかいトルティーヤをくれた。


f:id:ROKIT:20161122113553j:plain



塩をふりかけ
フワフワのあたたかいトルティーヤ
今まで食べたトルティーヤ
一番だった。

笑顔の絶えないお母さんと
表情変えない威厳あるお父さん。
ちょっとチャラい息子さん。

ありがとう!

素敵な1日の始まりだ。


f:id:ROKIT:20161122114450j:plain



さあ、また地図を見るような
見ないような、勘を頼りに歩く道。


f:id:ROKIT:20161122112731j:plain




歩いていると、
マーケットの方へ出た。

昨日までとは違う道。
違う方面。
雰囲気もかなり変わる。

今日も暑い。
天気にめぐまれた旅だ。

ダウンもってきたのに
ほぼ使わなかったなぁ。
夜はたしかにさむいけど。


f:id:ROKIT:20161122115235j:plain



さて
お土産を買わなきゃね、と
マーケットをいろいろ物色。

広場に出た。

学生らしきふたりが
写真撮らせてくれないかと
ここでもパチリ。
アジア人はやはり珍しい。

プエブラでアイドルになり、
シティでも写真を撮り、
ついにはサカテカスでも…

ついに全都市制覇だぜ、と
サカテカスでもポケモンゲットだぜと
言わんばかりに喜ぶふたり。


彼らにとって
はじめての日本人かもしれぬ私たち。
日本人代表として、きちんと。




靴磨きの人たちが並ぶ。
ちょっとタイムスリップしたみたい。


f:id:ROKIT:20161122115659j:plain



マリアッチのおじちゃんたちの
団欒にほっこり。

ポリスィアたちとここでもHola!
警察官募集してた。たぶん。
(こんなとこで!?)
ポリスィア、やっぱりかっこいい。
女の人もかっこいい。
みんな、美人さん。

街を歩く。


f:id:ROKIT:20161122122202j:plain



この右の馬。なのか、
ロバ。なのか。
オアハカ行ったときにも
いた。

メキシコの定番なのかな。


橋の向こう側へわたる。


f:id:ROKIT:20161122122913j:plain



ちょっと雰囲気も変わる。
このあたりは地元の人達の
マーケットかな?

すごく好きな風景発見。


f:id:ROKIT:20161230032418j:plain




必死に撮る。

ぶらぶら歩く。
お店でお土産を物色しながら。


f:id:ROKIT:20161122125537j:plain



そこからさらに
歩いてみよう。
坂をあがりまくって
坂テカス。


やっぱり急だぜ
坂テカス。

ゼェ。


線路!

鉄子の友、よろこぶ。
ちょっと歩いてみる。


f:id:ROKIT:20161122130234j:plain




坂を下って
坂テカス。

下りも急だぜ
坂テカス。

ほんと転がりそうっ


道に止められてる車が
ふつうにその場で売られてる。


f:id:ROKIT:20161122130748j:plain



張り紙に連絡先とか書いてあって。
ほしけりゃ以下まで連絡ちょうだい
的な。
なんとカジュアル売買。


f:id:ROKIT:20161122131056j:plain





f:id:ROKIT:20161122130928j:plain



ふとしたところに


f:id:ROKIT:20161230033704j:plain


を、撮る私。


メキシコの
信仰心のあつさをかんじる。

教会を見るたびにもおもうけど、
グアダルーペがすき。
って、なんか浅はかに言えない
きもちになる。

すてきだなぁ。
いろいろな場所に描かれて
いるのだろうな。


f:id:ROKIT:20161122125749j:plain



お店をまわりながら
KFCでトイレタイム。
スーパーでお土産物色。


f:id:ROKIT:20161122133330j:plain



海外のスーパーかわいい。
必ず写真撮っちゃう。


途中の教会で何か催しをしてて
入ろうと試みてみたけど、
なんか内輪の催しぽいぞと
空気を読み、断念。


f:id:ROKIT:20161122135552j:plain



ここはどこだ
あっちは行ったかと


f:id:ROKIT:20161122140723j:plain



地図片手に歩くよ歩く。


f:id:ROKIT:20161122140845j:plain


なんかかわいい。


f:id:ROKIT:20161122141138j:plain


きのうのぼった
ブーファの丘がみえる。


f:id:ROKIT:20161122142235j:plain



日本アニメの凄みをかんじる。



学校があるのか、
ジャージの子供たちが歩いてる。
景色の綺麗なひらけた場所にでた。


f:id:ROKIT:20161122141557j:plain



そこから
サント・ドミンゴ教会をめざす。


f:id:ROKIT:20161122142413j:plain



f:id:ROKIT:20161122142603j:plain



このベランダ、バルコニー?
さいこう。
ここでコーヒーのみながら
仕事できたらまじさいこう。

とか言いながらあるく。
基本、妄想してた旅だった。


f:id:ROKIT:20161122142654j:plain


いす。



f:id:ROKIT:20161122142832j:plain



ちょと地図確認。



f:id:ROKIT:20161230033736j:plain



そしてついに、



f:id:ROKIT:20161122151613j:plain



中へは入れなかったけど
とっても素晴らしい。
やっぱりピンク。

(ドアの隙間から中のぞいてみたけど
ちょっとだけ見えた)



その後たも
休む時間がもったいないと、


f:id:ROKIT:20161122161759j:plain



また更に歩きたおして
メルカドまでついて

入ってみる。
中もたくさんのお店。


f:id:ROKIT:20161122162147j:plain



地元の人達もたくさん
買い物にきていたよ。

またそこから更に歩いて…
時計を見れば、ちくたくと
時間がせまる。

時計みたくなーい!
だんだん切なくなってくる。

ついにさいご。。



ホテル方面へ戻りながら、

しばらく坂道の脇に座って
サカテカスをながめる。

ずっとずっとこの景色を
思い出を
ここにいる感覚を
わすれないように、
わすれないように、

ずっとながめて。


f:id:ROKIT:20161230045553j:plain



ありがとう、サカテカス

友よ、
この旅
いろいろ計画してくれて
スペイン語お任せっきりで
兎にも角にもすべてに
本当にありがとう。

最高の思い出が
またもう1つできました。



ビバ!メヒコ!!

また戻ってくるぜ
いつのひか!!


 +  +  +  +  +

めんどくちゃいタクシーからの
空港からメキシコシティ飛行、
前回のオアハカでも食べた
空港内のフードコートで
さいごのメキシコ料理を食し

今回のメキシコ3都市旅行は
おわりをむかえました◎


グラシアス


f:id:ROKIT:20161121161351j:plain





また行きたくなっちゃった。そうだ、メキシコいこう⑤

TRAVEL
¡ Viva !

翌日なり。
サカテカスは今日も快晴なりよ。




f:id:ROKIT:20161121120309j:plain






突然ですが。

サカテカスで私たち、
デュオを結成したなり。


f:id:ROKIT:20161229010330j:plain



『MAGUEY』(マゲイ)


※ マゲイ :
メキシコの蒸留酒テキーラ
メスカルの原材料となる植物


響きが良いので。
マゲイ。


・・・・・・・・・


さあさ。
ふたりのマゲイ、

今日は丘をのぼるなりよ。
たっぷり寝たし、
準備満タン、心も躍るなりよ。


しかし。

今日よく寝たけど
やっぱり昨日から
なんだか頭がボーっとする。

うん。
私も、普段頭痛しない体質なのに
遠くの方で朝からずっと
頭痛感じてるからコレきっと




高山病だねっ!



標高2500m。
軽い高山病のまま
本日も散策開始ですっ


キンタレアルホテルから
ちょっと歩いた観光案内所で
街の地図をもらってから
近くのお店で友人おすすめの朝ごはんを。

やはり店内みんなジロジロ見てくる。
まあ見るがいい。慣れたもんよ。
アジア人だってサルサたべるぜ。


おいしかたー

目玉焼きのせ。
黄身がトローリ。


アボカドだっ!!
ワカモレにうれしくなっちゃって
がつがつ食べたの私。

辛いの。
辛いのにがつがつワカモレ食べたの。
結構なハラペーニョ感じながら
ワカモレがつがつ食べたの。

そしたら
高山病も相まってか
急に冷や汗出てきたの。

友の声が遠くなってく。
ちょっとまって、
とおいとおいー

きこえないー…     これは、、


やべい
まげい
トイレ!!

と思ったら、
突如むせた。

したらば
お店の人が
即座に水くれた。涙

ただでさえアジア人目立ってたのに
更にむせて目立つ。

はずかちい。
あんなに慣れてたのに
これはやっぱりはずかちい。

お水のんだら
落ち着いた。

あれは何だったんだろう。
貧血?
高山にいながら
ワカモレがつがつ食べたから?

お店のひとさいごに
サービスで
アイスまでくれた。涙


f:id:ROKIT:20161121111957j:plain



なんだろう、この飾り。笑
かわいい。笑

嬉しくなった。
心もはずめば
チップもはずんだ。

今日は
昨日と違う道を通りながら
炭鉱ツアーチラ見して
ブーファの丘へ行くロープウェイへ。


f:id:ROKIT:20161121120407j:plain



すがすがしいなぁ。


f:id:ROKIT:20161121120814j:plain



公園みたいな広場を通ろうよと
歩いていたら、ウンニョふむ。涙

かなしみの私。

陽気なおじさん。


f:id:ROKIT:20161121121419j:plain


靴の裏指さして
かなしい写真のはずが
陽気なふたりの写真に仕上がった。


ちょっと行き止まりや
のら犬に翻弄されながら
炭鉱に到着したんだけど、

炭鉱こみまくり!
やはり人気スポット。
トロッコのりたかったけど
チケット買うにも大行列。
やはり見送ろう… 写真だけ撮ることに。


f:id:ROKIT:20161121124316j:plain



更に階段をあがる。
さあ、ブーファの丘への
ロープウェイへ向かおう。

階段あがったとこ。
景色がきれいで
興奮して撮影会。
サボテンいっぱいだぁ!


f:id:ROKIT:20161121125242j:plain



警備員?職員のおじちゃんが
やってきて、
ちょっとおしゃべり。(友が)
私は ウンポコ。グラシアス。

職員の敷地内に知らずに
私たち入っちゃってたみたい。
私たちがワイワイ写真
撮ってたから
許してくれたみたい。
ありがとう◎

おじちゃんとバイバイ


f:id:ROKIT:20161121125853j:plain




それにしても、

階段きつぅ
坂きつぅ
サカテカス坂きつぅ
坂テカスぅ

息すぐあがる。
標高たかすぐる。

ゆっくりゆく。
軽い高山病の私たち。
頭痛中。


必死に階段を、坂道を、
進みながら。
道を聞きながら。

地図にもない道をゆく。

f:id:ROKIT:20161121131014j:plain




ロープウェイ乗り場へ。

…     ようやく!
ついたぁ!

ひー!!
息があがりまくりだぜ。

ゼェゼェ。



f:id:ROKIT:20161229020740j:plain




…    なんだか人がいない。



うそでしょ。

しまとる。。



信じられぬ漫画の展開。

しまとるぅぅぅ




ここまで
きたんじゃー

あけろぉぉ


しかし扉は無言をつらぬき
閉まったまま。

ロープウェイ、
2月まで
メンテナンス中。

だってほら、みて。
私たちが目指す先は


左上の…


f:id:ROKIT:20161121132155j:plain



あそこ。



今から逆側の山のてっぺんまで
歩かねばならぬと?

近くに座ってる
おじちゃんに
向こうの山までどのくらいか
きいてみる。

おじちゃんクマさんみたい。
かわいい。


今度はのぼってきた分の
半端ない階段を下り
セントロ戻り
あの山登る。

ひー
過酷!


f:id:ROKIT:20161121132545j:plain




もう一度言おう。
私たちはこちら側の丘の上に。

目的地はあちら側の丘の上に。


f:id:ROKIT:20161121133403j:plain



てくてくてく
地元の子たちも
さすがにしんどそう。

でも小道や階段は
かわいいなぁ。


中心地まで
おりてきた。

f:id:ROKIT:20161121134150j:plain


あとは、、、


のぼる!


でも、ゆく道は景色は
とても美しい。


f:id:ROKIT:20161121135619j:plain



ごみ収集車。
あんなに積み上げたゴミを
落とさずに
坂上り下りする。

そんな坂を
じわじわのぼる私たち。

じーっと見られるので
バイバイしてみた。


f:id:ROKIT:20161121140324j:plain



エンジェル通りの
坂をただひたすらあがると
小さな教会が。
写真撮ってじっと見てたら、
近くに座ってた
おばあちゃんがあけてくれた。

小さな小さな教会。
かわいらしい飾りと
かわいい色づかい。
おもちゃ箱をあけたような、
こどもが色づけたような、
だけど大切に大切に
愛されてきたことが
感じられる教会。

おばあちゃんは、
私にはさっぱりわからなかったけど
いろいろお話してくれた。
なんか分からないけど涙でてきた。

何話してるかさっぱり分からない
にもかかわらず
涙でるて。

何かわからんが
とりあえず重症のようだ。

最近の私は
ドラマの最終回だけいきなりみて
1分で泣けるという力を得た。



ゆっくりでいいから、
休みながら、
少しずつすすみなさい。
てっぺんめざして。

おばあちゃんは
そのようなことを言っていたらしい。

ありがとう。
がんばるね。
ありがとう。


おばあちゃんは、
ブーファの丘までの道のりを
そう言って励ましてくれたのだ。
(標高高いし坂多いからね)

私は勝手に人生の言葉と受け止め
涙をにじませた。

色々うまくいかなくて
いつもとろい私に
いつしか誰かが言ってくれた。
単に何するも人より
ちょっと遅いだけだよ。
大丈夫だよ、頑張ってるよと。


ありがとう。
がんばるね。
ありがとう。

ただ、
おばあちゃんにしてみたら
単にブーファの丘まで
坂道しんどくて苦しくて
泣いてるように見えていたと
思われる。

おばあちゃんたちにバイバイして
先を急ぐ。


f:id:ROKIT:20161121141318j:plain



坂。
坂。

もの落としたら絶対ころころ
取りにいけなくなるくらい坂。



f:id:ROKIT:20161121141819j:plain


更に坂。
更に角度が急なのだ
坂テカス。


f:id:ROKIT:20161121141648j:plain



でも、見えてきた。


f:id:ROKIT:20161229020815j:plain



もう少しだ
がんばLOW


工事中の
おじちゃんたちもすごいみてくる。
え、どれどれ?
と、奥からみんなやってきて
みてくる。

それどころじゃねえ。

ゼェ。


降りてくる人たちと
挨拶しながら。


ゼェ。



f:id:ROKIT:20161121143212j:plain




がんばった分だけ

みえる景色は







ちがーーーう!!


f:id:ROKIT:20161121145728j:plain



ついたァァ



f:id:ROKIT:20161121152607j:plain




これをみにきたーー!



f:id:ROKIT:20161229003748j:plain



絶景。
素晴らしい。


みわたすかぎり。

うすいピンクの建物が
山あいにびっしり。

空気もきもちいい。



f:id:ROKIT:20161121150501j:plain



歩きに歩いたあの道たちは
こんなふうにみえるのか。

まだまだ先にもつづく道。


f:id:ROKIT:20161121160839j:plain



街をこえた向こうに
奥の奥に広がる
何もない地平せん。
空の青い青いいろ。

ずっと
ずっと見ていられた。

しずかだ。

これがサカテカス
プエブラとも、
シティとも、
オアハカともまたちがう、
メキシコの街をみた。

ゆっくりでも
諦めずに進めば必ずみえるのだ。
上がったり下がったりしながら
時々やすみながら。
だれかに励まされながら
励ましながら。

そゆこと!?
おばあちゃん、
やっぱり、そゆこと!?

これを
伝えたかったのね!



サボテン。


f:id:ROKIT:20161121161647j:plain




勝手に人生と
なぞらえながら
まさかの壮大なストーリーに
したてあげた。

いや、ほんとうに
素晴らしかった。


f:id:ROKIT:20161121161205j:plain



この街をつくりあげた人々は
この景色をこうやって
みたのだろうか。

革命時の人々は
何を思っていたのだろう。。


f:id:ROKIT:20161121161537j:plain



しばらくずっといた。

絶対わすれないように
目にやきつけるよう、
ずっとみてた。



f:id:ROKIT:20161121153517j:plain



身体を休めて、
ずっと街をみおろしていた。


f:id:ROKIT:20161121162159j:plain



ずっといて、


ゆっくりやすんで。


階段すわって。


サングラスかけて。




何を思ったか、


デュオ組んで。


f:id:ROKIT:20161229010330j:plain




近くのお土産屋さんをのぞきながら
じゃあ、もどろうか。と、
丘をあとに。

かわいい女の子が売っている
ビーズのアクセサリーを買って。


f:id:ROKIT:20161121165311j:plain



昨日と違う道をあるく。
歩いていない道をあるく。


f:id:ROKIT:20161121165542j:plain



いろんな景色。
かわいい小道。


f:id:ROKIT:20161121165918j:plain



のぼった分だけ
くだる坂。


f:id:ROKIT:20161121170144j:plain



帰り途中にまた
ゴミ収集のクルマと会う。
てをふる。
おぼえててくれてた。


f:id:ROKIT:20161121165729j:plain



いちにち、今日、

とっても歩いた私たちだったけど
今日はメキシコ最後のよる。

すてきなメキシコ料理をたべよう。


f:id:ROKIT:20161121170904j:plain



夜ごはんには、
昨晩調べておいた
レストランへ。

今夜は旅の感謝の気持ちに、
友人にプチサプライズを。


f:id:ROKIT:20161121172727j:plain




f:id:ROKIT:20161121173137j:plain



La Leyenda

メキシコのカラフルな雑貨が
所狭しと壁や天井やあちらこちらに。
お店自体がおもちゃ箱。
本当に全部見きれないほどの
かわいい、そしてちょっと毒のある
装飾たちが、ぎっしり。


f:id:ROKIT:20161121173132j:plain




f:id:ROKIT:20161121174832j:plain



2階に通された。
まだ時間も早いからか、
貸切状態。


f:id:ROKIT:20161121175008j:plain



ごはんも絶品だった。
スープ♡


f:id:ROKIT:20161121181339j:plain



お店のひとが、サービスからか
メスカルをくれた。
メスカルは、テキーラと同じくらい
メキシコでは有名なお酒。


f:id:ROKIT:20161121181858j:plain


つよいっっっっ
非常につよいっっ

けど、おいしくいただいた。
グラシアス◎


f:id:ROKIT:20161121190237j:plain


トイレは、
て洗うとこもかわいい。



この旅では、
旅行プラン、スペイン語
何もかも頼りっぱなしで
本当にグラシアス。
このチキータな友人がいなければ、
この数々の出会いも経験もミラクルも
なかったとおもう。

ディナーのご馳走と、
プエブラで内緒で買った
お揃いの∞アクセサリーを
友人に贈った。

感謝には足りないけれど、
友人も喜んでくれた。
私も嬉しくなった。

ムチャスグラシアス。


最後にお店ノートに一言。

ごちそうさまでした。
ありがとう、友。


私はメスカル2本で
ちょっとほろ酔い。

帰りがけに、
通り沿いにある古本屋を
なんとなくのぞいた。

奥に狭く長い店内に
古本たちが並ぶ。

小さな薄暗いお店奥にちょこんと座る
すてきなすてきなおじいちゃん。
映画に出てきそうなおじいちゃん。

いろいろ説明して教えくれた。
とってもかわいい。


こちらで私は
アンティーク、オリジナルの
メキシコ映画のグラフィックデザイン
ひとめぼれ。

完全に買う気だったのに、
おじいちゃんひととおり説明したら
「これは値がはるから買わないだろう」
と、しまいだした。
買う買う!買わせてお願い。

ていったら、びっくりしてた。
いやいや、安いもん!


… 日本て、豊かだな。。
なんか、なんか、なんだろう。
なんかフクザツ。


おじいちゃん、
すてきな買い物ができたよ。
ありがとう。


帰りがけにパン屋さんで
クッキー、チュロスを買って
サカテカスの素敵な夜景をみる。


f:id:ROKIT:20161121194438j:plain



ライトアップも素晴らしかった。
さいごのよる。

少しお土産屋さんで
いろいろみて、

あたたかい色にひかる
サカテカスの街をさいごに、
ホテルへむかう。

メスカルで少しフワフワ
気分良くなって

ちょっとしんみり、
さいごのよる。

ありがとう、サカテカス
なんども通りをみる。


f:id:ROKIT:20161121210627j:plain



あっという間に今日もおわる。


心もお腹も
大満足。


ホテルで待ち受ける、
恐怖のパッキング。



重さ大丈夫かなぁ、、、

イソディンで
今日もうがいしながら
パッキング地獄は夜中まで
つづくのであった。。。



f:id:ROKIT:20161121212113j:plain


夜のキンタレアルホテルも

きれいだな。








また行きたくなっちゃった。そうだ、メキシコいこう④

TRAVEL

朝4時15分起き。

睡眠時間、2時間半。

いざ、サカテカスへ。

f:id:ROKIT:20161120123822j:plain






さよならを告げ

まだ真っ暗な闇の中、
タクシーで空港へ。
手続きをすませて、とぶ。

前にオアハカ移動した時を思い出す。
飛行機から見る景色は面白くて
ずっとずっと見てしまう。


f:id:ROKIT:20161208003953j:plain



徐々に、赤土が広がってきた。
別名ピンク・シティ。
 
町中がピンク色なのです。


標高は更にあがって
2,500m

鉱山都市であります。


サカテカスに到着し
はやる気持ちをおさえて
空港でまずトイレへ。

もよおしたところで
手洗い場の石鹸の
使い方が分からず
友人がぺんぺんしてたら

石鹸がとんだ。

さすが中学では陸上部の友。
瞬発力とパワーは衰えぬ。
そして怪力である。
(ごめんなちん。許してくだちん。)

正直わたしは
飛んだ石鹸よりも
彼女から咄嗟に出た
『Oh Shit!』
に、Woohoo!!
って心で叫んだ。


荷物をゴロゴロひきながら
タクシーにのりこむ。

空港のまわりは何もなく
ただただ広い自然が広がるばかり。
長い長い線路。

サボテンも生えている。


f:id:ROKIT:20161120093457j:plain



徐々に建物がみえてきた。


タクシーで、ついに
あの、キンタレアル ホテルへ。
もともと闘牛場だったという、
素晴らしいホテルのスイートルーム。

絶句。


f:id:ROKIT:20161120101126j:plain




これは      すごい。
まるいまるい。
ぐるーっとまるい。

フロントで出された
オレンジジュースも
はんぱない。

オサレで120%しぼりたて。
このホテルでは
英語がつうじる。

ポーターさんも
いいひと。

ひとまず、チェックインまで
時間があるので
サカテカスの街へ出よう!

本日も快晴。

なんと、、
てくてく歩いていると。

パレードやってた!!!


f:id:ROKIT:20161120105322j:plain



人がすごいとおもたら!
サカテカスのうすいピンクの通りの奥から
どんどんどんどん

ぞくぞくとやってくる
鼓笛隊にパフォーマーに。

おや?と思ったら
急に進路かわって
こっちきた!


f:id:ROKIT:20161120113351j:plain



様々なパフォーマンスを
見せてくれた。

ずんずんずんずん


f:id:ROKIT:20161120113553j:plain



ついには
消防、ポリス、馬、もう
街をあげての大々的パレード。

ちょっとした演出も
ある。


f:id:ROKIT:20161120113407j:plain



そう、本日は
メキシコ革命記念日。


f:id:ROKIT:20161120113438j:plain


さわやかなお姉ちゃん。
にぎやかなパレードは
まだまだつづく。


f:id:ROKIT:20161120113508j:plain


まーー。」



f:id:ROKIT:20161120113741j:plain


かっくいーポリセンテ


f:id:ROKIT:20161120113817j:plain



ありがとうサカテカス
ありがとう友よ。

とにかく、見ごたえ満点。


f:id:ROKIT:20161120115951j:plain



途中の露店で
平たいサルサとチーズ
挟んだみたいなやつ
頼んで買ってみる。


f:id:ROKIT:20161120112057j:plain



みんなにジロジロ見られ
やはり笑われちゃったけど
とりあえず食べながら
パレードをみる。

パレード後には
街を散策。


f:id:ROKIT:20161120121533j:plain



寝てないのと
これまでフル回転で
歩き動きまわったためか
なんだか
ボーーっとしながら

でも、街をみたい、歩きたい、
の欲でひたすら歩くの巻。


f:id:ROKIT:20161120122957j:plain



とにかく、
とにかく、
街が本当にピンク。


f:id:ROKIT:20161120134323j:plain



うすいピンクと
カラフルと、
淡い色の配色と、
ちょっと汚れた
つちっぽい
あの感じ。
たまらない。
これ、この街、
本当に、すき。


f:id:ROKIT:20161120153404j:plain



ぜんぶすき。
壁に描かれた文字、店の名前、
テキトーな感じもぜんぶ。


f:id:ROKIT:20161120133957j:plain



街の中心部、
大きな大きなカテドラル。
隙間なく装飾が彫られた


f:id:ROKIT:20161120124910j:plain



カテドラルもぜんぶピンク色。
中もピンクの柱。


素晴らしい。

中は沢山の人達。
みんな中をしげしげ見たり、
また、お祈りをしていたり。
メキシコでは
人口の9割がカトリック信徒と
いわれている。

私は旅行に行くと
よく教会へ入ってしまう
習性があるらしいのですが
その度に

前も書いたかもだけど
行った時にも

自分が宗教ももたず
ただ観光にきていることに
罪悪感をかんじるほど
素晴らしかったし

お祈りをしにきている人達は
ひたむきで真剣で誠実で

なんかそんな気持ちになる。



f:id:ROKIT:20161120125836j:plain



壮大で荘厳で
本当素晴らしかった。


f:id:ROKIT:20161120133500j:plain




とはいえ、
とにかく、
ひたすら眠い我々は

おそろしく眠いし
なんかボーっとするんだけど

だけど
街をなめるように見たいし
とにかく歩きたいし
時間をフルに使いたい欲求で

頭と心と身体のベクトルが
確実にバラバラであった。

互いに、
あたし今すっごい興奮してるから。
あたし今すっごいテンション高いから。

と言いながら
おそろしく無表情であった。

互いに静かで
おそろしく無表情なんだけど
確実に各々のベクトルは
同じ方向を向いていた。

静かなる
テンションMAX


人間てこんな複雑な思考も
できるんだね。


f:id:ROKIT:20161120134053j:plain



ゆっくり休みつつ
きになるすべての道をのぞく。


f:id:ROKIT:20161120134251j:plain



ひと休みにえらんだのは
地球の歩き方にも書いてあった
お店


f:id:ROKIT:20161215032740j:plain



内装もカラフルで
かわいすぎて脳みそが
疲労困憊。
スープ、めちゃおいしかったわー


(↑この部分、旅中にほとんど
眠りながら旅メモしていたみたいで
もはや文章が疲労困憊してる。)


f:id:ROKIT:20161120142238j:plain



EL PUEBLITO

シナモンがかかった
メキシカンホットココアも
本当にほっこりしました。


f:id:ROKIT:20161120140539j:plain



ちょっと復活したどーー

元気たくわえた私たちは
ここからまた地図を片手に街を
練り歩くであります。


f:id:ROKIT:20161120152612j:plain



勘を頼りに
何か面白そうな道をただひたすら
歩く。
小道、路地、坂道、


f:id:ROKIT:20161120152428j:plain


階段!


f:id:ROKIT:20161120152920j:plain



たまらないのです。
(もうとにかく写真みて)


f:id:ROKIT:20161120164841j:plain


くるくるトゥイーティー


f:id:ROKIT:20161120153139j:plain


めちゃめちゃ右へ
うながされるの巻。



f:id:ROKIT:20161120153515j:plain



ひたすらひたすら歩き
ジロジロ見られながら
Holaと笑顔を振りまきながら


f:id:ROKIT:20161120153521j:plain


(↑この兄ちゃんたちにも。)



f:id:ROKIT:20161120153719j:plain



てくてく。


f:id:ROKIT:20161120154329j:plain




道をとにかく歩くよ。
奥に入ってみるよ。


f:id:ROKIT:20161120154424j:plain



歩く歩く。


f:id:ROKIT:20161120154620j:plain


やっぱり今日も
アジア人をなかなか見ない。
でもサカテカスは観光客が
多いと思った○


f:id:ROKIT:20161221033602j:plain


鳩も水をのむ。



f:id:ROKIT:20161120160043j:plain



生活感を感じる家々。
大通り沿いよりも
こちらは地元の人達の
生活の声がきこえてくる。


f:id:ROKIT:20161120160302j:plain


こちらの教会は
残念ながら閉まっていた。


f:id:ROKIT:20161120160820j:plain


ただただ街を歩いて
そこに住む人たちを感じるのも
本当に良いものである。


f:id:ROKIT:20161120161938j:plain



ポンチョのおばあちゃんの
うしろを追いかけて歩いていたら
更に裏通り。


f:id:ROKIT:20161120161956j:plain


色合いすてき。



f:id:ROKIT:20161120162453j:plain



f:id:ROKIT:20161120162517j:plain


タイルもかわいい。
これが、自然体だから
そこがまたいい。


f:id:ROKIT:20161120162719j:plain


わたし、↑洗濯物フェチなのか
やたら反応してしまう。
(下着とかじゃないよ)


f:id:ROKIT:20161120163144j:plain


ぶらさがりものに
弱いのかしら。
これ本当すき。


f:id:ROKIT:20161120164050j:plain


明日あのてっぺん行くんだ。
ロープウェイで
街を見下ろしながら。


f:id:ROKIT:20161120164507j:plain


ワンコと気持ちが
つながった瞬間。



f:id:ROKIT:20161120165226j:plain


路地最高だぜ。


f:id:ROKIT:20161120165838j:plain


崩壊済み。
はてしなく心細い木の柱で
一応支えてある。


f:id:ROKIT:20161120170641j:plain



ビデオクラブボーイて
なんやねん。



f:id:ROKIT:20161120170827j:plain





皆さん。


f:id:ROKIT:20161120171255j:plain



お気づきだろうか。



f:id:ROKIT:20161120171642j:plain




載せたい写真の数と
文章のバランスが


崩れてきていることを。


f:id:ROKIT:20161120171145j:plain



そうです。



f:id:ROKIT:20161120171952j:plain



まさにこれこそ
この日の私たちの
思考回路。



f:id:ROKIT:20161120172642j:plain



無心に歩く。



f:id:ROKIT:20161120173208j:plain



見たいから歩きたいから
ぷらぷら歩く。


f:id:ROKIT:20161120173443j:plain



いや、まあ
こうして今になって写真をみると

よく歩いたと思うよ。
この標高の高さを。
あの睡眠時間で。


f:id:ROKIT:20161221040124j:plain



たぶん興奮状態で
歩いてたんでしょう。


f:id:ROKIT:20161221040147j:plain



けどさすがに今日は
早めにホテルにもどって
体力温存にかける。



ちょっと途中お店入りながら
(売り子の女の子かわいすぎ)

ホテルへ。


朝に到着したときは
まだチェックインには
早すぎたから
まだお部屋を見ていない
私たち。

ポーターさんが
部屋へ通してくれた。


それは、

想像をはるかにこえた。


部屋!
風呂!
アメニティ!

くたぁ〜〜

(↑興奮するのにさすがに
もうつかれた)


これは。。
スイートルームや。。

女子ふたりちゃう。。

新婚さん用の
スイートルームや。。


友の旦那よ、
すまん。。
あなたの奥さんと私は
今日ここに泊まるわ。



久しぶりにお湯をためて
まっすぐつかる。

まっすぐすっぽり
入っちゃう。

こんな
素晴らしいホテルは
はじめてです。

ありがとうございます!!
ありがとうアミーガ!!

今日はぐっすり
ゆっくり眠れそうです◎

ねるぞ!
もうねる!

おやすみなさい。


f:id:ROKIT:20161221040109j:plain



でもイソディンは
忘れないよ



また行きたくなっちゃった。そうだ、メキシコいこう③

TRAVEL

メキシコシティへ移動



最後のプエブラの朝。
ホテルのレストランで頼んだのは
大人のオムレツ。
トロトロになるまで炒めたオニオンと
赤ワインの甘酸っぱいソース。
オムレツの中には
赤ワインとナッツとグレープとチーズと…

ほんとにおいしくて
たまらなかった。

なるべく早いシティ行きのバスに乗るため
準備して、ホテルを後に。

素敵なホテルだったなぁ。
グラシアス。

フロントで出会った
テキサス出身のオバちゃんたち。
移動中の一瞬一瞬でさえ大切に
楽しんで。
と、素敵な言葉をもらう。


タクシーでCAPU(バスターミナル)へ。
タクシーの運転手のおじちゃんも
陽気で冗談好きで楽しかった。


アディオス、プエブラ
さようなら、自惚れの日々。
アイドルも、ついに引退か…
あたしたちも、
普通の女の子になるのね。

最後にバスの窓から
ポポカテペトル山
を見ることができた。
やっぱり本当に富士山に似てた。

移動中の一瞬も楽しむ…
一瞬も逃すまい…
のつもりで必死に目をこらすも
どんどん白眼になって
結局眠気に勝てず私は爆睡。

きづけば
シティに到着。


やっぱり街はかなり都会的。
広い道路に高いビルに
セブンイレブン、スタバ、
なんだってある。

やっぱりちがうなぁ。


車も激しい。
のどにクルぜ。
こりゃー今日もイソディン様の
出番だね。

タクシーでホテルへ向かう。
こちらの運転手のおじいちゃんも
絵にかきたくなるほど
素敵なおじいちゃん。

最初は口数少なく穏やかそうな
おじいちゃんだったけど
友人がスペイン語で話しかけて
少しずつ色んな話をしてくれていた。

私は隣で
少しずつ覚えた単語を
拾って連呼してみる。

アキ
ポキート!!

少し
ここ
ちょっぴり!!


…なんやねん!



もしかしたら通じるかも
数打ちゃあたるかも
なんつって
どさくさに紛れて
英語の語尾を
スペイン語風にして
友人とおじいちゃんの
会話途中に
謙虚に挟んでみたりした。


…通じなかった。

…静かにスルーされた。




ホテルに到着。
おじいちゃん、グラシアス!


膀胱が飽和状態だったので
ホテルでトイレに駆け込んだ後、
さあ、いざ。シティへ!


本日の予定は以下の通り。
鉄道をみて、そのあと図書館。
そこで、メキシコシティに住む
友人のアウティと落ち合って、
フリーダカーロ博物館へ行き
一緒に夕ご飯。


ここにきてお天道様は
ポキート雲に邪魔される。

ブエナビスタ駅に向かうまで
バス停行って待機。
お店の兄ちゃんが絡んできたが
これは面倒だったので
ふたりしてスルー。

誠実そうな
学生らしき青年に行き先とか
友人が聞いてくれた。
どうやらこのバス停で待つよりも
別の行き方の方が早そうだ。
(今日も友に感謝)
(どうも腿に乱打)


結局オートバスも閉まっていたので
最終的にメトロでむかう。

切符かわいい。
切符とかってたまらない。


f:id:ROKIT:20161119131653j:plain



駅も電車もかっくいくて
写真撮ってたら
駅員さんに怒られちゃって
テヘヘなんて頭かきながら
(ごめんなちん。)


f:id:ROKIT:20161119131819j:plain




ついにブエナビスタ駅へ!


f:id:ROKIT:20161119134628j:plain



大きい。
非常に大きい。
立派!

駅前で写真とりまくり。
まわりの人に見られまくり。

そう、シティは都会で
多国籍な街だから、
プエブラほどではないが
どうやらシティでも
アジア人は見られるわけである。

見られることに
あまりにも慣れた私たちは
気にせず撮りまくり。
我々はいま、
駅を撮ることに必死なのである。


f:id:ROKIT:20161119135737j:plain



さあ、中へ!
カードを買って、
電車にのろう!

前述のとおり、
友人は生粋の鉄子である。
彼女の目がこの上なく輝きだす。

かっくいー!



日本とちがうのは、

電車乗るときもバスも常に
人は並ばずに、群がる。我先と。
自分強く持たないと、
これ、絶対まける。


感無量感満載の友。

f:id:ROKIT:20161207152028j:plain



がたんごとん。

ひと駅だけの
電車体験。

車内はとっても綺麗で
新しい。
思った以上にかなり
こんでいた。


すると突然声かけられた。
ん?

アニメ好きの青年だ。
シティでは初の写真依頼を受けた。
うれしいなぁ。
こんな遠くの国で
日本を愛する青年がいる。


f:id:ROKIT:20161119142637j:plain



ひと駅プチ旅行を堪能して
メキシコの日常に
少し触れることができた。


f:id:ROKIT:20161207153140j:plain



友人アウティと
待ち合わせの時間もあるので
さあさ、次なるは図書館へ!

大きな大きな図書館。
駅の隣にあるのだが
入り口がどこだか分からない…


f:id:ROKIT:20161119145420j:plain



友人が通りすがりのガールズに
聞いてくれた。グラシアス!

どうやら通りすぎてしまっていたようで
たくさんのパンクスをかきわけて中へ。
(なぜか入口付近にいっぱいいた)

な、中へ入っていいものか…
すると、図書館の警備員さんが
いいよ、中へどうぞ
的に促してくれたので、いざ。



f:id:ROKIT:20161119151339j:plain



これはすごい。
なんという近未来図書館。圧巻。
天井近くまで。
これ、ぜんぶ、本。


f:id:ROKIT:20161204214907j:plain



いわゆる。
こうなる。



高所恐怖症の場合
落ち着いて本探してる場合では
なくなるが
何より本当にかっこいい。


f:id:ROKIT:20161119151629j:plain




友人とあっち側こっち側行って
おーいなんつって。

そんなこんなしてたら、
時間がきた。
アウティから到着の連絡が。


アウティとは、
前回メキシコきた時に出会った
アウトロくんである。
前回&今回、一緒に旅している
私の友人チキータの
メキシコ友達なのである。

ひさしぶりアウティー!
3年ぶり!

アウティ変わらない。
変わらず優しいジェントルマン。
アウティは英語が喋れるので
ここからは私も会話を◎

友人は本日
スペイン語、英語、日本語を駆使。
ほんとに頭が上がらない。

最後の方絶対
脳内で言語こんがらがったに
ちがいない。ありがとうチキータ。


ここでアウティと3人で
フリーダカーロ博物館へ。

すっかりアウティに500%頼る。

電車、バスとのりつぐ。


バス、
あまりに早い扉の開閉に焦る。
5秒で否応なしに閉まる。
誰彼問わず閉まる。
全員乗ってなかろうが閉まる。
5秒で閉まる使命が
このオートバスにはある。

友人は昨年旦那さんと
メキシコ旅行したとき
旦那さん乗りきらずに閉められ
バスひと駅行き別れたらしい。
恐怖!

気をつけましょう。
みなさん、5秒です。


f:id:ROKIT:20161204214044j:plain



全面的にアウティに頼って
タクシーつかって
フリーダカーロ博物館に到着。


f:id:ROKIT:20161119172423j:plain



………しかし。

なにやらスタッフたちが
ざわざわ。
お客もざわざわ。


え。
クローズ?




なにやら、
なにかわからぬが、

スタッフが
もう入るなクローズだと

閉めきってしまったらしい。



がーん!


おちこむワタシ。。タワシ。。

突如CLOSEの衝撃と、
一度すでに来たことある
アウティと友人連れて
いろいろ乗り継いで
ここまできたのに
ふたりに申し訳なさすぐる
罪悪感で、

しばし放心。


近くの他の観光客が
ヘイ俺はこれを見るためにはるばる
来たんだぜー
とかスタッフに言っていたようけど
スタッフは首をふるばかる。

ほんまやで。

きゃーどうしよ。
ここが閉ざされたとなると、他で
このあたりでどこ行こう。
この状況は考えてなかたー

ベラベラめくっていたら、


なぜか突然あいた!!
突然CLOSEで閉められた思たら
突然再びOPENなた!

あんなにかたくなに
首を横にふってたスタッフが
さあどうぞと180度態度かえた!

な!なに??
と、とりあえず、
なんかよくわからんが、
やった!!中入れる!
メキシコのふしぎ。


f:id:ROKIT:20161119175250j:plain



フリーダカーロを堪能。
複雑な過去、様々な不自由さを
抱えながら描き続けた
彼女の人生の深さを感じました。

今みても、古びない、かわいさ。
女性らしさ。奥深い、自由さ。強さ。
たくましさ。

ここにいたのかぁ
ここで描いたのかぁ
そう思うと、なんとも言えない
ギュッとした気持ちになった。


f:id:ROKIT:20161214012101j:plain



時間は少なかったけど、
見れてよかった。

ふたりとも、グラシアス。



f:id:ROKIT:20161119181650j:plain



夜になると冷えてきた。
夕ごはんどうしよう。
おなかすいたぁ

な、なんと、
ランチたべてないっ

とにかく寒いしスタービングや。
3年前もきたコヨワカンで
夕ごはんにしよう◎
ここは毎日にぎわってる。

あの日と同じレストランでディナーを。
2人から日本のお土産たちを
アウティにプレゼント。
あれはあーだこれはこーだと
タコスを食べながらたくさんおしゃべり。


f:id:ROKIT:20161119184718j:plain



タコス。
サルサやライムをかけて。
やっぱりおいしいなぁ◎
あの、やっぱり辛いやつは
やっぱり今日も辛かった。


f:id:ROKIT:20161204212922j:plain



夕ごはんのあとは、
あの日もたべた絶品チュロス
ほんとこれ絶品。
サクサクで、とろけ消える。
じゅわってする。
手と口のまわり
ベタベタになるけどね。
でも絶品なの。


そのあと、更にアイスたべる。
めっちゃさむいけどアイス。
ふるえながらアイス。
でも食べられちゃうアイス。


メキシコのチョコミント
いかがなものかと、
チョコミントチョイス。


しかし、
なぜ私はこれを選んだのだろう。


うむ、めっちゃトゥースペースト。
あとで歯磨きしなくていいんじゃってくらい
トゥースペースト。
先日のペピーニョといい、
本日はクリアクリーンですよ。

でもノドがスッキリしたので
ぜんぶたべた。

友人のピニョン味はおいしかった。
次回はあれにしよう。


アウティと3人で
アイス食べながら語らう。
メキシコと日本をつなぐ橋に
なれたらいいね、なんて
深い話をした。


すごい良い話。

の後ろで
鳴り出す爆音の愉快な音楽。



そろそろ時間も
遅くなってきた。
そろそろ、行こうか。

ローカルのバスに乗ってホテルへ帰路。
ローカルのバス!


f:id:ROKIT:20161214014538j:plain



なんとまあ
ドア開けたまんま走る走る。

たまに閉める。

・・運転手の気分なのかい?
風通しの調整的な役割なのかい?

さすが。
さすがです。

メキシコの日常を
感じながら、
寒い寒い夜の道を歩いて
ホテルに到着。


ホテルへ帰ったら、
アウティが、ホテルフロントに
まさかの私たちへのプレゼントを
預けてくれていた。


かわいい風呂敷に包まれた
プレゼント。

それぞれの好みに合わせた
メキシコの本のプレゼント。

アウティの優しさを噛み締めました、、
友人とふたりで
なんて優しいのだろう…と、
しみじみ噛み締めました。涙

アウティ、すてきなすてきな
プレゼントをありがとう。


メキシコの友達の優しさを感じながら
この日、メキシコシティの1日は
終わりをむかえました。

ありがとう、アウティ。
1日私たちにアウティの時間をくれて
ありがとう。


ほっこりあたたかい気持ちで
眠りにつくのでした。



イソディンは
忘れずにね。


f:id:ROKIT:20161120045912j:plain



そしてその2、3時間後、
またすぐに起床して
我々はサカテカスへと向かうの
ですが・・・

目覚ましセット!!