nora

tomo | Graphic designer, Illustrator | デザイン、イラストのお仕事をしています。日頃のたわいない独り言をつぶやいていきたいと思います。

アーユルヴェーダ?そうだ、スリランカにいこう。⑥


f:id:ROKIT:20170928182830j:plain



〜プールにヤシの木ブランコに、
最後のリラックスタイムの巻〜


朝ヨガは今日も中だったぁ
ついにはヨガマスターのお姉さんも欠席。
先生の昨日の決断が響いている。
派閥割れしたみんなは欠席。。

出席者は
ウィーンの素敵な夫婦に
ジェニ親子にミスターケビンに
ドイツの美男美女カップルに。。

先生ちょっと気にしているようでした。



掛け声の追いかけっこ。

今日も先生携帯鳴ってたの
誤魔化してた。笑

f:id:ROKIT:20171002034214j:plain



朝ごはん
米粉のストリングホッパー
結構すき♡麺みたいなやつ。

f:id:ROKIT:20171002034229j:plain



今日のトリートメントは
最初のノーマルトリートメントに
戻りましたよ。
今日もセラピストのラク姉さんと
人生を語る。


f:id:ROKIT:20171002034154j:plain



ラク姉に手をひかれ、
別の診療所に移って座って
一緒に待っていたら、
別のセラピストの姉さんがじっと見てきて
私もコンタクトしてないから
なんとなくじっと見返して?いたら
あなた、前に来たことあるわよね!?
と言われる。
いや、来ていない。

診療所移動中にまたイグアナ発見。


トリートメントが終わって
ランチ。毎日の楽しみ。

シェフのヤングなイケメンが
日本語を勉強しているらしく
一生懸命話しているのがかわいかった。

f:id:ROKIT:20171002034302j:plain



今日はシャワーで頭を洗ってOK
我々は寝るときも枝豆状態だったので
タオル敷いて寝ても枕はオイルまみれに。
洗うの大変だろなぁ。
今日で頭の解放宣言。

そして、、
実は今日が旅の最終日だったことに
今更気付く私と友人。
ずっと続くと思ってた。

最終日は清々しい晴天。
ありがとう◯

午後はゆっくり、プールで泳ぐぞ〜〜
その前に、ヤシの木ブランコを
ぜひとも友人にっ


f:id:ROKIT:20171002034459j:plain



なにこれ、夢みたい!



f:id:ROKIT:20171002034341j:plain




夢みたいでしょ!
夢だけど、夢じゃなかったでしょ!

夢だけど、夢じゃなかったー

30半ばが、ブランコのってメイとサツキ。


これ、あとでジェニーも連れてこよう!
そんなジェニ親子もプールサイドでゆっくり。

プールサイドでゆっくりして
ラク姉に手紙描いて


f:id:ROKIT:20171002034552j:plain




泳ぐ!
めっちゃ、深い。

泳げないの、あたしだけ。

ジェニーと友人と3人で
爆笑しながら泳ぐ。
きもちいい。

伝説の言葉も生まれ。
BEANS, made from BEANS!!

最終的に私は
英語と日本語がトンチンカンになって
必死に友人に英語で話しかけてた。

友人がすごい怯えた顔してた。
すまん。


f:id:ROKIT:20171002034610j:plain



夕方のヨガをはさみ
(先生遅刻してイジられる)

ジェニーとヤシの木ブランコで
空を仰ぎ、

f:id:ROKIT:20170928180527j:plain



素敵な夕焼けにも間に合って、


f:id:ROKIT:20171002034651j:plain



浜辺で夕焼けをバックにヨガ。
何度も撮り直して。何度も。
ジェニーのヨガポーズすごく綺麗。

f:id:ROKIT:20170928182146j:plain



最高の時間。
たくさん笑って、たくさん話して。

ありがとうスリランカ


最後の夕食に向かう途中、
数日姿を消してた
ニャンコファミリーを心配し
友人がニャンコを追う。

プールサイドの向こう側に滞在する
ドイツからのおばちゃま達。
テラスで夕食しながら
ニャンコに餌あげてた。

友人もひと安心。
ここにいたんだね。

おばちゃま達と少し話して、
あったかい気持ちになりながら晩餐へ。

本当に毎日美味しかったなぁ。
毎食後の薬にも慣れた。
全てに感謝だなぁ。

スープ。

f:id:ROKIT:20171002035011j:plain



最後かぁ、、     
戻りたくないねぇ。

夕食後はジェニーとロビーで
最後の女子会。(#ベープ配置)
またずっと爆笑。

まさかスリランカ
20年くらい前の志村けんのネタ
YouTubeでみて爆笑してるなんて。
たぶん後にも先にも私たちだけなはず。

外国人に英語教えるネタ、
海外で爆笑とのことです。


名残惜しいけど、
明日また朝ヨガあるし、
眠ろうか。


かなりゆっくりおしゃべりをしたあと、
それぞれコテージへ。
おやすみなさい★


f:id:ROKIT:20171002035331j:plain



翌日、私たちが帰る日。
朝ヨガは、なんと今日はプールサイド。
最後のヨガが外でできて嬉しい!

シャーーンティー

ナマスカーラーーン


これも最後。
無になるというか、
日々の思いと感謝を心に
身体の先から先まで
ヨガをかみしめました。

だんだん明るくなる空。
少し汗ばむ。
気持ちよい。

ヨガのメンバーもみんな大好き。
何か自然とみんなそこにいて。

ヨガの先生に、
私たち今日が最後なんだと伝えたら
意外とあっさり。


ヨガのあと、友人が
最後に、太陽の礼拝を海に向かって
一緒にやろうと。


f:id:ROKIT:20170929070156j:plain


朝の清々しい空気のなか、
太陽の礼拝をインド洋で繰り返した。
ありがとうスリランカ
とっても気持ちよかった。


f:id:ROKIT:20170929071347j:plain



今日は午前に
最後のトリートメントがあるから
また緑の布をまとい、朝食へ。

f:id:ROKIT:20171002035305j:plain



最後のごはん。
おいしいよう。


f:id:ROKIT:20171002035239j:plain




みんな最後だぁ。
みんなに最後の挨拶。
最後の挨拶と記念撮影。
(#こちとらスッピン緑だけど)
(#感動的なのにスッピン緑の2人)

ジェニー親子も
素敵な夫婦も
サラさんも
いつも紅茶いれてくれた彼らも
いつも早くレストラン入れてくれた彼らも
ネコおばちゃまたちも
何気にミスターケビンにも手を振る

最後までお喋りはできなかったけど
ヨガマスターたちもさようなら…

うーちゃんとも電話で挨拶。

(#レストランのチップはずんだ)

2人のスッピン緑色は
最後のトリートメントへ。

今日もお医者さんの問診から。
今日が最後ということで。
1週間の内容やそれぞれの身体のこと
色々説明をしてくれた。

先生に昨日教えてあげた日本語を
今日使ってくれてて嬉しかった。
可愛かった。

先生とも最後にハグを。
先生、ありがとうございました。
とても素敵な経験ができて
心から癒されました。

トリートメントへ。


担当のラク姉。
見つけるやいなや顔ムギュー
もう、姉さんです。

最後なんだなぁと。
最後のトリートメントも
お喋りしながらリラックス。
身体にポンポンするあったかいやつが
美味しそうなにおいだったので
それなぁに?って言ったら
ひとくちくれた。
ミルクのような、お粥、お米。

作業をしながらラク姉が鼻唄うたってて。
それ聞いてたら、心地よくて、
なんか涙でてきた。

スチームに入って身体をあたため
ハーバルバスでゆったり。
この一瞬一瞬を忘れないようにしよう。
そう思いながら。。
たまに蚊が舞ってるので避けながら。

f:id:ROKIT:20171002035345j:plain



ラク姉とも最後の別れ。
ありがとうのハグ。
昨日描いた、手紙を渡すと
ベッドの上にちょこんと座って読んでた。
少女のようで可愛かった。

本当にありがとう。

幸せになるのよ、約束。


こりゃ、約束は破れない。
幸せになるよ!

見えなくなるまでバイバイしてた。



待合場所にみんながいて、
みんなに、最後の最後の挨拶。
ジェニーとも最後のお喋り。

ミスターケビンもいたので、
私たちもう帰るんだと伝えたら
そうだったのか!
気をつけて帰るんだよ、と。

みんな温かい言葉をかけてくれた。

ちなみに友人いわく、
マンディは最後まで
マンディらしかった。
うむ、面白いぞマンディ。

f:id:ROKIT:20171002035411j:plain



部屋にもどり、
最後に果物にかじりつきながら
帰る支度を。

f:id:ROKIT:20171002035453j:plain



ドライバーさんも到着したようで
なんだかんだドタバタとなったけれど、
とても居心地よく癒されたシダレパとも
もうお別れ。


ロビーへスーツケース転がして急ぐ中、
遠くの診療所で、
担当のお医者さんがこちらを見て
ずっと手を振ってくれていたのが
すごく胸に響いた。

まるで
私たちが通るのを知っていたようで。
待っていたようで。

先生ー!!!
全力で手を振る。

先生、ありがとう!!!


シダレパ、ありがとう。
みんな、ありがとう。


f:id:ROKIT:20170929111452j:plain



誰も知らない場所で
何もしないをするつもりで来た旅は

結局、たくさんの人と触れ合い
たくさんの思い出ができて
たくさんのことをした旅となった。

ある意味、
人との関わり合いがとても深い
あたたかい旅となった。

スリランカ、また来たい。


f:id:ROKIT:20171002035519j:plain




帰りの車の中から街を見渡す。
丁度、仏教のお祭りのようで
旗がたくさんでていた。


f:id:ROKIT:20171002035558j:plain



飛行機までの時間、
コロンボに寄ってお土産を買いに行く。

f:id:ROKIT:20171002035659j:plain




ドライバーさんは
うーちゃんじゃなかったけど
とても優しくて色々連れていってくれた。
(我らのわがまま聞いてくれ感謝しかない)

f:id:ROKIT:20171002035733j:plain



紅茶屋さん。
試飲もできて美味しかったです◎

f:id:ROKIT:20171002040105j:plain



シダレパでもゴールでも
ほとんど換金したお金を
使用してなかったことから
ここから私たちの金銭感覚が崩壊。

友人が行きたかった
私が知らなかった




爆買い。


だって、       驚くほど安くて。
あたし知らなかったくせに。

友人につられて気づいたら
20くらい買っていた。

ダンボール買いでVIP対応。




とりあえず変な何かが
分泌されていたであろう私たち。
バーガーキングで早食いして
空港に間に合わせてくれた
ドライバーさま。。

本当にありがとうございました!!
最後の最後まで本当に、

f:id:ROKIT:20170929131531j:plain



何もしないって、ないんだなぁ、
何かを得るんだなぁ。

すごくそう感じました。

店ひらけるくらいのノリタケを得ました。


f:id:ROKIT:20171002040304j:plain

(#帰国の税関で止められた)
(#売るんですかと聞かれた)
(#売るもんか)
(#俺たちのノリタケ
(#あたし知らなかったくせに)



今回の旅もとっても素敵で
たくさんの思い出ができました。
何があるか分からない。
思い通りにいかないのが面白い。
ただ、とってもあたたかい。
人生みたいだなぁ。

スリランカ、ありがとう。
出会ったみんな、ありがとう。
友人、ありがとう。



f:id:ROKIT:20170929131403j:plain



ベープ、     ありがとう。





≡ お み や げ 特 集 ≡

f:id:ROKIT:20171002040322j:plain

シダレパチェックアウトで
お土産いただいた♡


f:id:ROKIT:20171002040354j:plain

紅茶。
スーパーマーケットから
シダレパから
高級紅茶屋さんまで


f:id:ROKIT:20171002040410j:plain

右のカレーパウダーは
美味しかったと感想いただきました。

ジンジャークッキー私これ好き。
辛め。


f:id:ROKIT:20171002040434j:plain


なんかテンション上がりすぎて
気づけばなぜか買っていた。


f:id:ROKIT:20171002040506j:plain


シダレパのオイルたち。
蚊にも効く、なんでも効く、
兎にも角にもなんでも効くらしい。


f:id:ROKIT:20171002040813j:plain



ノリタケさん。
ゴールドの取っ手のカップが
ひどくお気に入り。



f:id:ROKIT:20180111210637j:plain


スーパーで買ったやつ。
会社で配ると1/10の確率で
戻ってくるけど、
私は嫌いじゃない。
きんぴらみたいな、
不思議なやつ。

勇気をもてば、
社内で人気者?になれるはず。




海外のお土産は
こういうところが面白い。

素敵な1週間を
ありがとう♡スリランカ

アーユルヴェーダ?そうだ、スリランカにいこう。⑤


f:id:ROKIT:20170927150834j:plain



〜シロダーラ2日目、
プールサイドの枝豆たち。
ヨガメンバーに亀裂の予感の巻〜


本日は雨がしとしと。
朝ヨガはプールサイドではなく
レストラン横のお部屋で。

やっぱりプールサイドの方が
開放的なのは否めない。


素敵なウィーンの夫婦、
ジェニーとママにも挨拶。

朝ごはんを早めに食べる。
日本人らしき、アジア人の女の子が
ひとりでアーユルヴェーダに来ているのは
昨日くらいから気になっていたけど

レストランでちょっと話したら
日本からひとり旅でスリランカ
来ているみたいだった。

スリランカの列車に乗車願望があったので
 女の子に聞いてみたら
彼女はコロンボから列車で
ここシダレパのあるワドゥワまで
やってきたとのこと。

話を聞くと、逆方向行っちゃったり、
道を聞いても、皆親切ではあるが
見当はずれの場所を指差したり…と
何やら時間に余裕がないと大変そう。

アーユルヴェーダのスケジュールが
しっかり入っているから
列車旅は無理かなぁ、
なんてお話をして
女の子とはひとまずバイバイした。

これより私は友人より早めの
8時半からシロダーラ。

お医者の先生に毎日の問診受けて
それから移動。
昨日からのセラピストのお姉さんと
笑顔で談笑しながら
今日のトリートメント。

お互いの身の上話をしていたら
気づけば人生相談になっていた。
私の5つ上のお姉さん。

お互いの国の文化や
仕事の話、生活、
恋愛事情の違いを語り合う。
(ちなみに私はスッポンポン)

やはりどこの国でも
文化の違いはあれど様々な
状況の変化は似ているのだな。
しみじみ思う。

シロダーラ前のトリートメントの間に
かなり深く話をしてた。

みんないろんな人生を歩んでいる。
生活のために必死に頑張る。
Don't think too much.

考えすぎると手も足も出なくなる。
いろんなことを教えてくれた。
なんだか本当にお姉ちゃんのよう。

今日のシロダーラは昨日より長めだった。
眠らないようにしてたけど
やっぱり心地よくて不思議な感じで
あたたかくて。

コポコポ、トポトポ、ツツー。。

この感覚忘れないようにしようと
目をつぶったまま浮遊感覚。

とっても気持ちよくて
終わったあとは本当にボーっとする。

今日はシロダーラの後に
先生がやってきた。

ん?なになに?
なんだろ?と思ったら、


仰向けのままオイルをスポイトで
何滴も鼻の穴に落とされる。

え、えぇ?

それダメでしょ
それダメでしょ

なんて思ったところで
鼻にはオイルが注がれる。

こんなにも心の準備を待たず
有無を言わさず
鼻に油を注がれる図って
なかなかない。

おぼれる
オイルにおぼれる

しむ。

そのあとそのオイルを
片鼻ずつおもっきり吸うの。
で、出すの。

鼻からオイル。
目からは溢れんばかりの涙。
とりあえず顔面内外液体まみれ。

こんなツライこと
そうそうない。
鼻にたっぷりオイル
入れられてそれを思い切り吸うって

日常では何より避けたがる行為を
あえて自らする。
すごくないかコレ。


↑繰り返しすぎで
シロダーラの感想より長いけど
そのくらいびっくりしたのだよ。

でもそれが
鼻と喉の通りを促す。

しばらく鼻ツーン。
(#溺れた後みたい)

本日もトリートメント終了。
今日も私は枝豆。
それはもう鮮やかな。

今日はセラピストお姉ちゃん、
枝豆頭にプルメリアのお花をつけてくれた。
きゅん。

明日の時間を聞いて、
また明日と挨拶し

鼻ツーン状態でロビーでしばらく休む。
(#ベープ持参)

ロビーでゆっくりしながら
旅日記かいていたら、
私にはあまり懐いていなかった
ニャンコパパが登場。
(#私がちょっとネコびびりだからかな)
(#犬派) 

友人はいないよ〜
今頃シロダーラしにいってるよ〜
と話しかけていたら、

なんとお膝にピョン。
あれま、乗った。


f:id:ROKIT:20171002020210j:plain



なんと愛くるしい。

ニャンコってこんな懐こいのねぇ。
可愛い。

ねこ乗せたまま
日記書いてたら、
朝レストランで会った
日本人の女の子と遭遇。

彼女は今日でシダレパを
去るみたい。
色々なお話をずっとしていました。
スリランカまでの旅の経緯や
行ってきた街の話。
日本でのお話や、いろいろ。

そこから友人が
シロダーラを終えるまでお喋り。

今日から別の街を目指すみたい。
すてきな旅になるといいな。

旅先での出会いって
その一瞬だったり、
そこから長く続いたり、

そこに行かなかったら
出会うことない人との出会い。
偶然、奇跡に感謝だなあ。

友人もシロダーラを終え、
女の子ともバイバイして、


f:id:ROKIT:20171002020238j:plain



ふたりの枝豆はランチへ。
ランチ後にレストランで
料理のデモンストレーション。
そんなワークショップ。
(#ベープ持参)

f:id:ROKIT:20171002033713j:plain


皆さん参加率高い。
ダルカレーと
もうひとつのカレー
(名前忘れちゃった)
スパイスがかわいい。


f:id:ROKIT:20171230005402j:plain



他の皆さんも熱心に
レシピを聞いてる。

f:id:ROKIT:20171002033808j:plain



だんだん良い香りが〜


f:id:ROKIT:20171002033829j:plain




できあがり!

みんなで試食。
できたて。
とっても美味しかった。

料理教室の後は
プールサイドでゆっくり。
それぞれの時間を楽しむ。
(#ベープ持参)

f:id:ROKIT:20171002033850j:plain


今日の夕方に飲むやつ。

f:id:ROKIT:20171002033921j:plain




そして、
ついにプールサイドで
猿たちに会いましたよ。
友、結構近づいていく。


f:id:ROKIT:20170927164545j:plain



ずっとガサガサ音は聞いてたけど
なかなか姿を見せてくれなかった
猿の群れ。

すごい見てくる。

全員みてくる。

こちらはシャッターを切る。
無言の闘い。
(#その間結構蚊にくわれる)
(#おそろしくかゆい)
(#蚊除けリング効かないじゃないか)



プールサイドでゆっくりして、
夕方のヨガもきっとプールサイドだから
このまま居ようかなんて話してて

他のヨガメンバーも
みんなプールサイドで待っていたんだけど

ここで、小さな事件発生。


この穏やかな日々の中で。
まさかの事件。

そう。
ヨガの先生が来ない。


しばらく待っていると、

レストランの方から
他のヨガメンバーが。

「今日は中でヨガだって」

あれ?
今日晴れてるよ?


どうやらヨガteacher、
レストラン横の部屋でヨガしたいらしい。

晴れてるのに。

ざわつくプールサイド。
ヨガマスターの姉さんたちも
怪訝そうな顔。

え。
晴れてるじゃない。

ざわざわ。

いやよ、外でいいじゃない。

移動する者、
居座る者、
ティーチャーに直談判いく者、


なぜ晴れてるのに中なの?


蚊にさされるじゃないか。

なんやそれ!



はぁ、やってらんないわ。
とばかりに、首をひねり
プールサイドに戻っていく
ヨガマスター。

あぁ、ついに意見がわれた。
派閥勃発。

あんなに真面目だった
ヨガマスターたちが行ってしまった。

ヨガマスターたちは反抗。
素敵夫婦やジェニー親子や
ミスターケビンや私たちは
穏便に先生に従う。

素敵夫婦も
やれやれ、とばかりに
ニッコリアイコンタクト。

ついに割れた生徒たち。
先生、前回そんなに蚊にさされたんかな。。

なんだか妙な雰囲気になりつつも
なんだかちょっと面白い。
先生もバツがわるそう。

しかも先生携帯鳴りまくってるし。
切っとけや!笑
誤魔化してるし。
バレとるわ!笑

いつものかけ声、シャーンティーも、
生徒に追い越されてる。
私たちももはや
生徒のシャーンティーに合わせてる。

かわいそうだけど、
面白い。
先生ごめん。面白い。

なんだか、
何にもしないをする旅行なんだけど
何かがおきる。人と繋がる。
人の色がみえてくる。
面白い。

そんなこんなで
滞在中もいろいろな人と話してみたり
それぞれがそれぞれの環境から
ここにやってきて。癒しを求めて。
ちょっとした挨拶も、素敵。


f:id:ROKIT:20171002034049j:plain





夕飯して、
友人は今日もニャンコファミリーに
ゴハンをあげて、
枝豆村長みたいになってた。
枝豆村長にむらがるニャンコたち。

枝豆にむらがるニャンコたち。


昨日は夜更かししちゃったから
今日は早めにおネム

夜9時半に私は今日も
くそまずい粉をのみ、
くそまずい粉をまきちらし、
暗闇でまた悶絶するのであった。


まずっっっ!!
っ     のみこめん!!!
          くっつく


はーい

        おやすみー

アーユルヴェーダ?そうだ、スリランカにいこう。④


f:id:ROKIT:20171002014312j:plain




〜シッダレパで滞在する人たちの巻〜

(今日はついにシロダーラです)


アーユルヴェーダをしに来る人たちは
2週間以上の休暇をとって、じっくり
身体や心を癒しに来る人たちが多いようで

私たちも1週間とはいえ、数日たつと
徐々に滞在する人たちを把握してきて

毎朝ヨガで会う素敵な夫婦、
親子できているふたり、
ヨガの先生にいじられるおじちゃん、
とにかくヨガが素晴らしい姉さんたち
ちょっと怖そうな姉さん、

などなど、、

朝ヨガで会ったり、
レストランで会ったり、
施術所で会ったり。

帰国を迎える人もいれば、
新たにやって来る人もいる。

あ、あの人帰っちゃったねぇ
などと、友人と話しながら。

勝手に名付けて呼んでいたり。
ヨガマスターの姉さん、
何人かいて、たまに間違う私。

みんなニャンコ好きで、
ニャンコからの交流もしばしば。
友人はニャンコおばちゃんに会ったらしい。
↑これも勝手に名付けた。

みんな、食後は
レストランの下のカフェやロビーで
トランプしたり読書したり
プールサイドで日焼けしたり泳いだり、
浜辺歩いたり。

自由な時間を過ごします。

昨日はゴールへ行って色々観光できたし
今日はゆっくりしようか。
なんて話しながら。


1日の始まりは、朝ヨガから。
(#ベープ持参)
(#既に刺されてる)
(#蚊除けリング手足装着)
(#蚊除けリングの真横刺されてる)


プールサイドで気持ち良い。
身体が目覚めるー

ン゛ーーーー

シャーンティーーーー


ヨガの先生に習って言う。
先生の呼吸が読みきれず
ちょっとずれたり。

先生は今日はご機嫌。

今日もスッキリ。
さあ、戻って朝ごはん食べにゆく準備を。

と、その時、いつもヨガの時に会う親子の
女の子が話しかけてきた。

たまたま今回の旅行に選んだ
トートバッグのひとつが
ドイツで買ってきたトートバッグ。
今日それにベープ入れて持ってきていた私。
そこに書かれたドイツ語をみて
話しかけてくれたその親子はドイツ出身。

あらまぁ!

そうだよー!
ドイツで買ったんだよ〜

なんて話を交わして、
じゃあまたね!とそれぞれ部屋へ。

旅行先で出会った人たちとの交流は
やっぱり嬉しい。
このトートバッグ持ってきて
よかったなぁ。

その親子はレストランでお隣さんでした。
今日もゴハンは間違いない。おいしい♡

サラさん今日お休みって言ってたのに、
いた。
休みがキャンセルになったんだ〜と
言っていた。


さあ、今日は午前中から
シロダーラが始まるので
朝ごはんを食べたらすぐに診療所へ。

途中、明日の予定など
張り出されたサインをチェック。
ときどきワークショップがあるのだ。


f:id:ROKIT:20170926072646j:plain



明日はどうやら
料理のデモンストレーションがあるらしい。
楽しそう!チェックチェック。


さあさ、今日はいつもの診療所の
もうひとつ向こうにある診療所で
シロダーラをするようだ。

最初に問診を受けて、血圧はかって。
それから担当セラピストに連れられ
トリートメントがスタート。

担当のセラピストの女性が
私は今日から変わっていた。
サヨナラも言えず〜 涙
友人は変わらずマンディ。

綺麗な個室に入って
背中、足、手、、
気持ち良いオイルマッサージ。

とても慣れた手つきで気持ちいい。
新しいセラピストは姉さん的な人。
私がワタワタしてると爆笑してた。

たしかに、緑の布から
ほぼ乳出しながらベッドに
え、どっち向き?どっち向き?
なんて、滑稽だ。

f:id:ROKIT:20171002034132j:plain



シロダーラ。
おでこから、生温かいオイルが

トロ〜、、ツツツ… と
後頭部まで流れていく。

すごく不思議な感覚で
何か頭が溶けていきそう。
ちがう世界にいきそう。
あまりにも気持ちよくて
途中眠ってしまった。

※寝たらあまり効果ないって
あとで聞いて、しまったと後悔

シロダーラが終わると、
いつものお口ゆすぎと、薬のむのと、
さいごにスチーム。
スタッフさんもきちんと
大丈夫?と確認してくれて、
個室で三角の布の中で
スチーム浴びて呼吸をするのだけど、

中盤から、あ、あつい、、
く、苦しい、死む、、、死む!!
いつまでやんのコレ!!
ってなって必死にスチーム機から
顔を遠ざけてた。
布、上にパコパコ浮いてたと思う。
ていうか、布からちょっと顔出てた。
布の中で必死に逃げ場をさがしてた。

でも、すごくスッキリ。

シロダーラの後は頭に緑の布まいて
髪の毛をしっかりイン。

鏡で自分と対面したら、
目の前に枝豆がいた。
私だ。

全身あざやかな緑。

これ絶対誰にも見られたくないなー。

友には寝ても覚めても
枝豆を披露することになる。
そんな友も枝豆となるのだが。

シロダーラのあとは、
頭を洗ってはいけません。
運動も控え、目もあまり使っちゃダメ。
読書も書きものも、眠るのも控える。

へ!なにすればいーの!

ロビーで友人を待ちながらゆっくり。
これ、今日16:00にのむ薬。


f:id:ROKIT:20171002015835j:plain


左にベープ。

ロビーの向こうに
歩く枝豆がまた1人。(失礼)


友人もシロダーラを終え、
ランチの前に一度ふたりで部屋へ。

そして、荷物整理をしながら、
私は密かに香川タイムの準備。

香川タイム?

そう。海外旅行といえば、
私は決まって香川のお面を持参。
(友達がプレゼントしてくれてからずっと)
脈絡もなく友人をただひたすら脅かす。
それだけ。

今回もそろそろお披露目かな。
香川を装着。

f:id:ROKIT:20171002041117j:plain


こうなる。



ちょっと横になるー、と
ベッドに入った友人に近づき
本を渡す、私(under the Kagawa)



       ヒ、

       キャーーーーーーー



ヒッチコックのサイコ並の
素晴らしい叫びを披露してくれた。

震えてた。かわいそう。
人って本当に驚いたとき
小刻みに震えるんだね。
いやぁ素晴らしかったよ。
叫びの模範生。あっぱれ。

そのあとも香川装着したまま
荷物整理してたら、
たまたま振り返った友人が
香川装着してること忘れてたらしく
また叫んでた。
かわいそう。でもあっぱれ。



ランチタイム。

  f:id:ROKIT:20171002015930j:plain 

f:id:ROKIT:20171002020018j:plain




このもちもちデザート、
ほんとおいしいの。

サラさんは今日も色々親切。
ごはんに悩んでいると色々教えてくれた。

名前聞かれたから教えてあげたら、
レストランで会うと
よく名前を呼んでくれるようになった。

しかし、
しばらくしてから、thomoだよね!?
意気揚々と、thomoと書かれた
紙を見せてきた。

実はソモって呼ばれてた。


f:id:ROKIT:20171002020038j:plain



食後のアーユルヴェーダ TEAをいただき
今日の午後はゆっくりしようと、部屋へ。

f:id:ROKIT:20171220205041j:plain


イグアナがいた。
よく見ると顔だしてる。


そして、
部屋へ戻り、しばらくすると、、
友人の具合が。。

ダウンしてしまった。
ひえーー   大丈夫!?

シロダーラの後は人によって
体調が悪くなる人もいると聞いたけど
も、もしかしたらさっきサイコ並に
叫ばせてしまったからかも、、

ひとまず友人は安静にベッドへ。。
友人も気を遣って何度も謝っていたけど
とんでもにゃーよ、
ゆっくり、ゆっくりお休みなされな。
気ままにプラプラしてるし
気にせんでな。

というか、
サイコスクリームのせいだったら
ご、御免!!


そう心で叫びながら
友人は安静状態。

私は久々に浴槽にお湯をためて
ゆっくり身体をあたためる。
(#頭は枝豆のまま)
(#今日は洗っちゃだめだよ)
(#今日は寝るときも枝豆だよ)

テラスで海を見ながらスケッチ。
(#ゴールで買ったゾウのウンチのやつ)


f:id:ROKIT:20171002020102j:plain


浜辺を牛があるく。


f:id:ROKIT:20171220205145j:plain



雨が降ってきたので
部屋へ入ろうとしたら窓がはずれた。
スタッフさんに修理してもらい、

その後に私は広い施設内を散策しつつ
友人の頭痛が和らぐ何かを探す旅に出た。

なんたって友人、
初日は空港から車酔いでダウン。
ゴール行き帰りの車酔いでダウン。
本日シロダーラでダウン。

1週間のうちに3日間ダウン。

しかも香川に(私だ)叫ばされて。
なにか彼女にできないだろうか。
ネコ以外になにか癒されるもの。

あ!ロビー近くに売店あった!
アーユルヴェーダの頭痛薬がある!
でも、果たして効くのか。
ちょとこわい。
いや、アーユルヴェーダ信じるけど
やっぱり不安。
まあとにかく行ってみよう。

売店のおじちゃんに聞いてみて
頭痛のための塗り薬を手に入れた!

塗るかどうかは別にして、げっと。

あ、そういや夕方のヨガやってたよな
時間的にこれからかなーとのぞくと、
朝ヨガにいつもいる、
あの素敵な夫婦がやってきた。

ざんねん、、
ヨガいま終わったところだよ。と。

えー!

そこから少し立ち話。
2人はウィーンからやってきたとのこと。
日本から2人でやってきたと伝えると、
日本の京都、宇治へ行った話をしてくれた。

お歳をめしていると思うけど、
老夫婦とは言えないほど
美男美女の素敵な佇まいの2人。

また明日のヨガでね、と手を振る。

友人はまだ安静中。


ちょうど陽がおちるので
浜辺で夕陽を見に行ってみた。

すると、他の滞在してる人たちも
みんな浜辺に夕陽を見にきてた。


f:id:ROKIT:20170926181022j:plain



空がピンク。
すごくピンク。


ずっと眺めてた。
空が濃い。

その色からその色に?っていうような
グラデーションなんだけど
すごく幻想的で綺麗。

自然にはやっぱり勝てないなぁ。
いつもちがう顔をみせる空。
雲のかたち。ふしぎ。


f:id:ROKIT:20170926181600j:plain


あの、何色ともいえない部分、
すごくきれい。


ふと横をみると
朝ヨガで話しかけてくれた
ドイツからの女の子が
夕焼けを見ていた。




ナンパしてみた。


というのは冗談ですが、
話しかけてみた。

するとまあ日本が大好きな女の子。
日本人より日本のサブカルに詳しい。
話が盛り上がってしまい
陽がとっぷり暮れて真っ暗になっても
話し込んでしまった。
(#ちなみに彼女も私も頭は枝豆)

彼女はジェニーちゃん。
ディナー後にロビーで話そう!と約束。

部屋に戻ると
友人も目を覚まして
だいぶ具合もよくなっていた。
よかった!!

ごはんも食べられそうとのこと、
少ししたらディナータイムだったので
ジェニーの話をしながら準備。

ディナーの席でジェニー親子に挨拶。
レストランのスタッフさん達とも
徐々に顔見知りとなり、慣れてくる。

我々がいつも持参しているベープ。
みんな気になるらしく、
これはなぁに?ラジオ?

ジェニーは
ベープからwifi が出てるかと思って
スマホを必死に近づけようと思ったとか
言ってた。笑

ベープ人気。
レストランのスタッフさんは
特に欲しそうだったなぁ。
でも、これないと俺たちあかんねん、、

今日のゴハンも
美味しくいただきました。

ごはんを終えて約束の時間。
ロビーでジェニーと落ち合います。


f:id:ROKIT:20171220205211j:plain



更にニャンコファミリーのパパも
友人の膝の上にやってきて
みんなで談笑。
からの大爆笑。

ジェニーは日本の色んなこと知っていた。
日本の昔のCMがとにかくウケるらしい。
とりあえず日本の古いキンチョールのCM
みながら大爆笑。in Sri Lanka

ロボ芸者ってなに!!笑

お互いの国の学校制度とか
とにかく
たっぷりおしゃべりをして
時間を忘れた。

あぁもう寝なきゃねと
名残惜しくも
それぞれの部屋へ戻っていく。

明日も朝ヨガで会おうね〜
おやすみなさ〜い


滞在する皆さんとのあたたかい交流が
深まっていくのでした。
こういうの、だいすきだー。

さあ、明日は何がある??



※ 記憶薄れてきたので
お話の順番ちがうかもだ

アーユルヴェーダ?そうだ、スリランカにいこう。③


世界遺産の街、

            ゴールにいこうの巻〜



f:id:ROKIT:20171001233705j:plain





今日も朝6時、朝ヨガからスタート。
プールサイドで太陽がのぼりだし
青空を迎えてのヨガー!

ん゛ーーー

f:id:ROKIT:20171001232804j:plain




朝ごはんは
今日もおいしくしっかり食べて。
友人は今日もニャンコと挨拶して。


f:id:ROKIT:20171001233401j:plain



トリートメントは午後からなので
今日の午前中は、昨日約束した
ウーちゃんとゴールまでドライブ。
朝8時にロビーで集合。

世界遺産の旧市街、ゴール。
我々が滞在しているワドゥワから
海岸沿いを更に南へ。いざ。

電車乗りたかったけど
時刻表とスケジュール的に厳しく断念。


f:id:ROKIT:20171001234305j:plain



車道を当然のように歩く牛たち。
道にわんこもたくさんいたなぁ。

f:id:ROKIT:20171001234756j:plain



海岸沿いのスリランカの街を
いくつも越えてゆく。
行きは高速道路で飛ばしていきます。

ウーちゃんが色々とスリランカのお話を
聞かせてくれた。

途中、ゴムの木がたくさん生えていたり。
白樺林っぽく見えた。初めてみたゴムの木。

シナモンの木もたくさん。かわいい。
紅茶畑もみえました。

紅茶は、やはり標高の高い場所が
主に多いし美味しいけど、
低地でも栽培しているらしい。


友人は儚くダウン。
ウーちゃんとの車の相性がなかなか難関。
これは致し方なし。

私も中盤から、これは寝るのが賢明と
安静態勢に入りました。
ウーちゃんごめん。話は聞きたいのよ。

ただ、、、、、

、、、酔うねん。



酔ってまうねん、、、



気づけば高速を降り、
海沿いを走ってた。
海だー

地引網をしていたよ。


f:id:ROKIT:20171001235943j:plain



市場ではたくさんの新鮮な魚が
並んでいました。


f:id:ROKIT:20171002000313j:plain



当時ゴールはスリランカの主要港で
ポルトガル、次いでオランダが支配し
その文化を色濃く残す城塞都市となった
とのことです。
(その後にイギリスもね)

世界史、、懐かしい。

海にポコっと出た街、
まわりが城壁に囲まれて
その壁を越えて中へ入ると

そこはヨーロッパ色のこる建物が。
黄色い壁のかわいい建物。

すぐに、裁判所があって、
まあなんという人の数。
なんでこんなに人が溢れているの?

わるい人たくさんいて
いつも裁判してるよ。
みんな聞きにきてるよ。
と、ウーさま。

しょえー。


車を止めて、
まずは大きなお土産屋さんへ。
ちょっと店内散策。

ゾウのムンチで作られたスケッチブック
発見。スケッチブックほしかった!
海をみながら絵を描くの。
(だれやねん)

黄色と黄緑色で悩んでたら
かわいい若造がずっと目の前にいるので
(買わせたいのかい?買わせたいんだな?)
どっちがいいと思う?と聞いたら
黄色と言うので、黄色を購入。

マグネットも購入。

マダム、って言われて
宝石もすすめられたけど、
マダムじゃないし金もないので
ありがとうとだけ。

でも、スリランカで有名な
ブルーサファイヤ。綺麗でした。

しかし、お店の人の宝石の扱いよ。
いっぱい採れるかもしれないけど
大切にしちょな!!
もはや面白いよ。

さあ、散策。
城壁の上を歩けるらしいので、
そこまで移動。

f:id:ROKIT:20171002001222j:plain



しかし快晴。青空。
ほんとナイスタイミング。

素晴らしい景色。
風も気持ちいい。

f:id:ROKIT:20170925101103j:plain



あちらこちら砲台の跡があって
あぁここで実際に見張りがついて
闘いがあったのだろうなと実感。

柵がないので
ギリギリまで行けちゃう。
というか、ヘタしたら落ちる。
ヘタしなくても簡単に落ちる。

下をのぞいたら、壁面の穴に
イグアナが頭隠して尻隠さずしていた。
大きなイグアナ!


f:id:ROKIT:20170925101423j:plain



眺めが良いなぁ。
クリケット場も見えた。
イギリス統治時代の流れを受けて。
あぁ、現代の様々なものには
歴史の流れがあるからこそなんだなぁと
しみじみ思う。


f:id:ROKIT:20170925102420j:plain



地元カップルのデート場所なのか
散歩しに来ている人たちもチラホラ。
人も少なくてすごいゆっくりできる。


ただ我々はそんな時間もないので
先を急ぐ。

幽閉所もあったりして、
でも今はゴミの山だったりして。
世界遺産を次の世代に
出来る限りありのまま残せたらと
心から思うのです。
ひとりひとりがその気持ちを大切に。

元気の無さそうなワンコが
ちょこちょこついてくる。胸痛む。
ちゃんと食べられてるかな、、


f:id:ROKIT:20170925102936j:plain



海沿いの壁面をぐるりと歩いて
向こう側でウーちゃんと落ち合うことに。

f:id:ROKIT:20170925103616j:plain



なんか、ゲームのダンジョンみたい。
壁面まわりを歩くと海からの強風。

f:id:ROKIT:20171002003935j:plain



気持ちいい!



f:id:ROKIT:20170925104647j:plain



モスク。
モスクもあれば、教会もある。
様々な文化や歴史や宗教が
このゴールにはつまってる気がします。


f:id:ROKIT:20171002004332j:plain



灯台があるよ。



f:id:ROKIT:20170925105604j:plain



街をぷらぷら


f:id:ROKIT:20171002004342j:plain



街並はヨーロッパ調を感じる。

f:id:ROKIT:20171002005535j:plain



かわいい

f:id:ROKIT:20170925105609j:plain



ジェラートを食べました。
ダークチョコレート。

f:id:ROKIT:20171129053527j:plain


気温が高く、湿度もたまらないので
ダークチョコレートでベタベタに。
スマホがダークチョコレートで
コーティング。てな、


f:id:ROKIT:20170925110759j:plain



美味しかった。

天井かわいかった。


f:id:ROKIT:20171002005710j:plain



そろそろ戻らねば、
お昼、午後のトリートメントに間に合わぬ。
車からのぞくは
オランダ統治時代に建てられた教会。
スリランカで最も古い1752年にできたもの。


f:id:ROKIT:20170925111400j:plain



急ぎ足だったけど、
とても貴重な街並みを見て感じることが
できました。

帰りは高速ではなく、下の道から。
友人は安静。もはや強制的に。ネムレ。
(帰りはまた更に道がくねくねだしね)


f:id:ROKIT:20171002011416j:plain


ウーちゃんが、色々説明してくれて
海沿いの街をいくつも越えながら。
左手にはすぐに海という
素晴らしい景色の道をスイスイ進む。

ジェフリー・バワ建築の
ライト・ハウスを外から眺め。

f:id:ROKIT:20170925112113j:plain



街を眺め。海を眺め。

カラフルな建物がかわいいなぁ、
歩く人たちの洋服の色も鮮やかで
みんなオシャレ。


f:id:ROKIT:20170925112304j:plain



右手の木々の中にも建物が。
骨組みだけが残っている家。
たしかにさっきからいくつか見てきた。
建設途中なのかな、くらいに思っていたけど
ウーちゃんが教えてくれた。

スリランカは2004年の
スマトラ島沖地震の被害を受けました。

まさに今通る道を津波がのみこみ、
たくさんの人たちが亡くなりました。

建物の、あの上まで波がきたんですよ。


2階も骨組みのままということは、、

道沿いは新しい建物がたち
賑わいを見せているけど、
13年たってもまだ、そのままの建物も残る。


日本でも大きな地震がありましたね。
みんなが大切な人たちを亡くしましたね。

車窓を眺めながら
ウーちゃんと話していたら
目頭があつくなった。


街のお話、人々のお話、
スリランカの色々。
2009年まで続いていた
教えてくれました。

知らないこと、いっぱいだ。


f:id:ROKIT:20171002011447j:plain



トゥクトゥクいっぱい

大きな川があって、
ここをクルージングする
ツアーもあるとか。

f:id:ROKIT:20171002013025j:plain


バナナやパイナップルがそこらに。


f:id:ROKIT:20171002013408j:plain


スリランカの街並をおがめて
嬉しかったところを、


f:id:ROKIT:20171002011549j:plain



気づけば私も車酔いの餌食に。
ウーちゃんやっぱりごめん!ネムル。


f:id:ROKIT:20171002011626j:plain




目が覚めて、

滞在施設に着いた頃には雨が降っていた。
わあ。あんなに天気良かったのに。

午後の診療に間に合うよう
計算してくれたウーちゃんに感謝。
ウーちゃんとは後でまた会う約束を。
スリランカのスーパーに
連れて行ってもらうのだ。


さあ、
ゴールで高揚した気持ちを落ち着かせ
午後のトリートメントへ。

トリートメント前の問診、血圧チェック。
今日も昨日の女の子が担当してくれる。
マンドゥよりクール。

ヘッドスパからデコルテ、背中、
ボディにフェイスに。丁寧に。
極上や〜〜

あついやつ全身にポンポン

今日はハーバルバスに入りました。
チャプチャプと、気持ちいい。
大きな何かの植物の葉っぱ。

目パチパチと
にがいやつとうがいとをして
今日もなんか決まった時間に
のむやつもらった。

途中、移動してるときに、
顔面茶色くて(顔パックにより)
動かない人とすれ違ったと思ったら、
それ友人だった。

眼鏡も何もしてなくて気づかなかった。
お互い顔面茶色い何かを塗られてた。

いやはや
本日も気持ちよかった。

食事制限の書かれた紙がこちら。

f:id:ROKIT:20171002010729j:plain


さて、
ウーちゃんにスリランカのスーパー
アルピコに連れてってもらうの巻。

お土産屋さんにも寄ってくれて、
色々と物色。

スーパーはどの国も楽しい。
色々なものがたくさん。
見たことない果物もあった。
その国の日常が少しのぞける。


f:id:ROKIT:20171002013504j:plain



中身がよく分からなくて
ウーちゃんも見当たらなくて
近くにいた美人さんに聞いてみたら
優しく教えてくれた。みんな気さく。
そして美人。

レジのお姉ちゃん(絶対年下)も
べっぴんさんだった。

ウーちゃん、本当にありがとう。
感謝しきれぬ。


お土産を袋引きちぎれるほど購入し
満足して帰る我々。
仕事先の皆さんへのお土産も。
(まさかのお土産返却という
衝撃の事件が勃発するも  lol
メキシコ土産に引き続き、皆さんの
記憶に残るお土産となったことは
間違いありません。
レッツポジティブシンキング)


起きても寝てもネコが好き、
というほど生活にネコが欠かせない友人は
ニャンコファミリーへの
ゴハンもしっかり購入。
(ニャンコと会話が日課)

部屋までの道、
いつもニャンコファミリーがいる場所。
ニャンコたちが、友人を追いかける。
どうやらニャンコには分かるようだ。

まるで長のように
ニャンコたちを引き連れる友人。


f:id:ROKIT:20170925194753j:plain


ここに泊まる人たちも
ネコ好きがたくさん。
みんなネコを通して会話になる。
素敵な空間です。

テラスでニャンコのごはんタイム。
みんな嬉しそうに頬張っていました。

友よ、まるで母のようでした。

f:id:ROKIT:20170925195333j:plain



こうして今日も夜がふけていく。
薬も忘れずのみましたよ。
毎晩 粉をとばすワタシ。

ひょんな出会いからの予想外のプラン。
それが旅行の醍醐味だなぁ。
何があるか分からない。
何もしないをしに来ても、
何かが起きる。それがまた面白い。

今日はゴールに行けて、
スリランカの街を車で走れて
日常を垣間見ることできて
良かったなぁ。

明日はついにシロダーラ。
朝ヨガもあるし、今日も早く眠ります。

おやすみなさい◎


f:id:ROKIT:20171129052248j:plain



あるぴこ





アーユルヴェーダ?そうだ、スリランカにいこう。②


窓からすぐそこは海。




f:id:ROKIT:20171001212206j:plain




朝5時半起床。

まだ薄暗く、
海の波の音が部屋の中まで聞こえてきます。
6時からプールサイドでヨガです。

団体さんもいるのか今日は大人数のヨガ。
先生に習って呼吸を整え。
だんだん空が明るくなり、綺麗な青空に。
そんな空の下の朝ヨガは最高でした。
心も身体もスッキリ。

朝ごはん。
最初の問診があるので、ちょっと早めに。
※ ベープ持参。

f:id:ROKIT:20171001210810j:plain



毎回時間より早めにレストランに入る我々を
快く迎え入れてくれるスタッフの皆さんに
ありがとう。

f:id:ROKIT:20171001220414j:plain



素晴らしい味と素晴らしい盛り付け。
バイキングなのであちこち目移り。

f:id:ROKIT:20171001205433j:plain


奥に並んだ土鍋?には、
いろいろな種類のカレーやおかずが♡

毎回、朝昼夜と変わる
美しいゴハンにヨダレがとまらぬ。

カレーも最高だし、どれも美味しい。
野菜もフルーツもたくさん食べられる。
とにかく豊富な料理。
私、スリランカのデザート好き。

ダルカレーとスープは
とにかく毎食食べていた記憶が。
色々なスリランカ料理が食べられます。

朝食にその場で作ってくれる
スクランブルエッグも美味しかった。


f:id:ROKIT:20171001210123j:plain



最初は人もまだ居なかったので
あちこち写真撮影。


さあ、朝食もたらふく食べて
ごちそうさまでした!
いざ、アーユルヴェーダの問診へ。
※ ベープ持参。

ロビーで日本語ガイドのウーちゃんと
待ち合わせ。
ウーちゃんおはよう◎

アーユルヴェーダ診療所へ向かい
担当の先生にご挨拶。
やさしそうな女性のお医者さん。

細かな質問がたくさんあり、
丁寧に診察してくれます。
視診、触診、問診。

自分の身体や体調、生活内で
気になってる箇所も全部伝えて。
血圧、脈も、丁寧に取ってもらいます。

問診の説明の際、
普段から運動をよくしますか
という話になり、
ウーちゃんがずっと
真剣な顔つきで、

ふだん、運動会、よくしますか?
て言ってた。

運動のたびに、運動会って言ってた。
日々フェスティバル。


とか思いながらも、
かわいいからそのままにしといた。


おしんこう、等も言ってた。
おしんこうは出ますか。

出ます。

やっぱりかわいいからそのままにしといた。
ごめんねウーちゃん。


アーユルヴェーダで基本の体質、
ヴァータ(風)ピッタ(火)カパ(水)

私はヴァータで、友人はピッタと
診断されました。

アーユルヴェーダのサイトとかみると
ヴァータ、おならが多いって書いてあるけど
あたし、そんなにおならしてるかな。


1週間のトリートメントのメニューが
決められて、午前は診察のみで終了。
午後からトリートメント、開始です。
お目当てのシロダーラは明後日から2日間。


ランチまで部屋に戻ってゆっくりすることに。
友人はお風呂タイム。
その間、私は施設内を散策。

窓の外はもう浜辺。


f:id:ROKIT:20171001213637j:plain




ここが我々の滞在部屋。
海を見ながら絵を描ける♡
なんて最高なんでしょう。


f:id:ROKIT:20171001213802j:plain



奥の建物付近に毎日いる警備員さん。
目が合えば挨拶したりと気さくで安心。

ちょっと歩いたら、
こんな素敵なブランコが!


f:id:ROKIT:20171001214103j:plain



なにこれ、なにこの幻想的なブランコ。
ヤシの木からブランコ。
これは乗るしか。


f:id:ROKIT:20171001214651j:plain



乗ってみた。


f:id:ROKIT:20171106025823j:plain



うんしょ、うんしょ、しても
自分の力ではなかなか揺れず。

ただ、眺めは最高。
上を見ればヤシの木の屋根。


f:id:ROKIT:20171001214229j:plain



これはあとで友人に伝えねば。
感動を共有せねば。


f:id:ROKIT:20171001215007j:plain



ヤシの実おちてた。

f:id:ROKIT:20171001215128j:plain



海に出ると広がる砂浜。
インド洋だー

地元?の人がいて、ちょっとおしゃべり。
どうも、日本からきました。


友人もお風呂から出る頃かしら?
お部屋に戻ってみる。


ちなみに、
散策中に得た戦利品。

f:id:ROKIT:20171106030223j:plain



掃除していた人が、
有無を言わさず
その場でヤシの実?を割って
ジュースを作ってくれた。

f:id:ROKIT:20171001212010j:plain



優しい!とか思っていた。
が、チップをせがまれたので
ちょっと悲しくなる。
そりゃそうだよな。。甘かった。

その後私もひとっ風呂して
友人が部屋に用意してあった
パパイヤを切ってくれて
私の戦利品のジュースと一緒に
海を見ながらひと休み。


f:id:ROKIT:20171001215436j:plain



冷たく冷えたパパイヤ最高。
ジュースも冷やしておいたけど、
うん、生って感じ。(味薄し)

ゆっくり、何にもしないをして、
また更に何にもしないをする。
何も考えず、ただゆっくりと。

東京では考えられない。


ランチの時間になれば、レストランへ。
ランチも最高。


f:id:ROKIT:20171001221241j:plain




このデザート、ほんと
ずっと食べてられる。もちもち。
中はココナッツで甘くてギュってした感じ。


f:id:ROKIT:20171001221041j:plain




もう一回言おう。
私、スリランカのデザートすき。

ドドル、キトゥルパンケーキ、
ジャグリー、ワッタラパン、、


f:id:ROKIT:20171001221833j:plain






この時は我々まだ気づいてないのですが。

問診後から、食事制限が書いてある
紙に従ってゴハンを選ばねばならぬのだが、
ごめんなさい。私は止まらない。
気になったもの全部食べなきゃいられない。

友人は、後に、お気に入りの、
カードというスリランカの濃厚ヨーグルトが
制限されていたためかなり肩をおとす。


f:id:ROKIT:20171001222204j:plain




ネコファミリーもひと休み。





午後からトリートメントが
本格的に始まります。

それぞれ身体に合わせて
別メニューが用意されるとのこと。

診療所内は担当のセラピストがついて
あちこちトリートメントごと
場所へ連れられる。

私の担当の女の子と友人の担当マンディ
ふたりは仲良しらしい。

まず最初に伝えるべくは
担当となるセラピストには
200%身体を預けてスッポンポンを
みせていくこととなる。(たぶん)
恥ずかしいとか。数日後にはない。

まず緑の施術着みたいのに着替え
(どおりで施設内、
真緑の着た宿泊者が歩いてた)

ヘッドスパからフェイシャル、ボディ
丁寧に気持ちよい〜〜 
とにかく全身ベタベタだが
とにかく気持ちよい〜〜
移動して、ハーバル入った温かいお湯に
足を入れて、椅子でボーっ。。
きもちー 

コンタクトレンズしてないから
ほぼぼんやりだけど、
だれかが通り過ぎざま笑顔っぽいと
こちらも満面の笑みしてみる。
もしかしたら、全然私のことなんか
みてないかもしれない。
とりあえず、ずっと景色ぼんやり。

そのあと、のどうがい。
なんかすごいにがいやつ。
で、何かを飲まされる。笑
なんかすごいにがいやつ。
そして、目を洗う。
 パチパチ。

時間指定された薬をいただき、
本日のトリートメント終了です。

きもちよかったぁぁ

シャワーする時間も指定されます。
しばらくベタベタだけど
なんだかとっても全身スッキリ
あらわれたきぶん。

ロビー奥で友人と待ち合わせて、
ぼーっとする。
※ ベープ持参
WiFiここしか繋がらぬ


f:id:ROKIT:20171001225231j:plain


そして、
ひょんなことからウーちゃんと、
明日日帰りドライブの約束を。
プランになかったけど、
せっかくのスリランカ旅行、
明日は足をのばして世界遺産の街、
ゴールへ行ってみることに
なりました◎

わーい


さあさ、ゆっくりして、
今日も夕飯はこんな感じに素晴らしいよ。


f:id:ROKIT:20171001231324j:plain




ヤムヤム。


f:id:ROKIT:20171001230356j:plain




ミニハンバーガーもあった◎
がつがつ。


f:id:ROKIT:20171001230044j:plain




何より盛り付けも毎回美しいので
今日もまた早めの時間にレストランにきて
写真を撮りまくってしまいました。
するとシェフのサラさんが気さくに
話しかけてくれた。

要らぬ私のスッピン写真まで
撮ってくれたが、やさしい。
ありがとう◎



f:id:ROKIT:20171001232053j:plain



このままじゃ太る
とか言いながら
手も口も止まらぬ。

f:id:ROKIT:20171106031926j:plain


え、もういいって?

f:id:ROKIT:20171106032001j:plain


だってステキ。

f:id:ROKIT:20171106032048j:plain





こんな感じにスリランカ2日目。

今日も、ゆるりと休んで
明日にそなえます。

明日も朝ヨガして、
朝から昼まで、弾丸ゴールへ!



そんでもって、
寝る前に渡されたくすりも忘れずに。

このくすり、なんだろな。


f:id:ROKIT:20171001222424j:plain





アーユルヴェーダ?そうだ、スリランカにいこう。①




社会人になってからというもの、
一番遠かった健康生活。

数年前から
ストレッチ(筋トレ?)生活は
ゆるりと続けていたけれど。

今年一年は、私個人の中で ←
特に健康美容に気をつかった年と言っても
よいかもしれません。


女子力高し友人のすすめで
ヨガに興味を持ち始め、
健康美容のアレコレ教えてもらい、

またべつの友人が
ヨガを教えているということもあり、
色々と身体に良いことに接する機会が
多かったように感じます。


どんなに時間がなくても寝る前30分。
毎日続けることの大切さを知りました。

勝手に個人メニュー考えて。
オカネ出せないから
オカネかけずに自分でひたすら
こつこつと。
自己流健康生活。



そんな、出来る限りの健康を目標に
やってきた私にとって


集大成的な旅といっても
よかろうに。

そう。。。



ヨガを教えてくれた友人と、
行ってまいりました!



ン?
ナンダ?

私には当初さっぱり。

目的地をあーだこーだ
どこ行こうかスリランカいいね
なんて話していた際、

友人の口から出てきた

よく分からないけど、    なんかいいね!!


そして
今年はスリランカへ行くことに
決めました。




そこから旅行当日までなんやかや。
作戦会議を何度も重ね。

無事スリランカへ行くことに。

(あんなに数ヶ月と時間あったのに、
結局旅行までの2週間は相変わらず
怒涛の日々でした。)




長い。コロンボじゃないんだ。
コロンボは1番大きな都市。

インドの南東に位置し、
高いところで標高2000m級の山々が連なる。
(北海道の0.8倍)

元々、国名はセイロンだったが
1978年に現在の国名となる。
(島自体はセイロン島という名で残る)

私の父母の時代は、スリランカではなく
セイロンとして学校で習っていたそうだ。

宗教は主に7割が仏教、次いでヒンドゥ教、
そしてイスラム教、キリスト教


やはりスリランカといえば、
紅茶とカレー?

今回の旅はいったい
何が待ち受けているんだろう。
ドキドキワクワク

飛行機での移動時間も好きです。
スリランカ航空では
カレーが出てきておいしかった。



スリランカ、到着!
飛行機を降りた瞬間、
むっとした暑さ。

暑いっっ


空港で換金
※ ここで換金しすぎて、最終日に
友と2人ジタバタすることになる。
物価も非常にお安いので注意。

日本語ガイドさんと落ち合う。
とても親切で真面目そうなお兄さん。
ウーちゃんと呼ぼう。
アーユルヴェーダで細かな問診があり
せっかくなので日本語ガイドさんを数日
事前にお願いしていました。


f:id:ROKIT:20171022115259j:plain



空港からホテルまでは送迎の車で。
街は賑わってて、時間帯のせいか
おそろしく混雑。
トラフィックジャム。
カオス。


f:id:ROKIT:20171018025057j:plain



街には仏教の寺院はもちろん、
カラフルな仏像様がよく見られました。
時には軽トラの荷台にも。
こっち向きながら並走してたり。
お、おぉ…  仏像さまよ…


さてまた皆さん運転の荒いこと。
ある意味見事です。
長年の感覚で読んでらっしゃる。

そして当然ながら我々は酔う。

最初はウーちゃんと話したりしてたけど
すまん、あかん、寝る。

隣の友人は完全にダウン。



着きましたよー、

ウーちゃんの声で目覚める。
外はもうとっぷりと暮れている。
青ざめた顔したままチェックイン。
ウーちゃんとは明日の
またロビーで会いましょう。

友人が私以上に限りなくダウン。
部屋へ荷物を置き、夕飯を軽く。


f:id:ROKIT:20171018025429j:plain



ふたりとも疲労と車酔いの中、
到着日は早めにご就寝。



ということで、紹介しよう。


今回私たちが
アーユルヴェーダをするに決めた施設は
南西部の海岸沿いにある

シッダレパ アユルヴェーダ ヘルス リゾート

f:id:ROKIT:20171001190935j:plain


アーユルヴェーダ成分の入った
オイルや軟膏など様々出している
老舗の製薬会社、
シダレパ社直営ホテルとのことで、

とても本格的なアーユルヴェーダ
受けられるらしい。

事前調査によると、
問診後から食事制限はあるものの、
そこまで厳しくないとのこと。

1週間、豆だけ。とかは、避けたい。
豆、すきだけど。。
(そんなことはないだろうけど)

f:id:ROKIT:20171018025342j:plain


左にロビー。
挨拶するといつも笑顔で返してくれる。

施設の中は
緑に囲まれ、いつも綺麗にされていて
とても開放的。

くねくねと、各コテージにつづく道。
プールもあって、晴れた日はみんな
プールサイドでゆっくり
それぞれの時間を過ごすみたい。



スタッフの人たちも本当に親切です。




ここには、勝手に住み着いたのか、
動物たちもたくさんいました。

f:id:ROKIT:20171001211744j:plain




友人が滞在中、毎日愛情をそそぎ
たわむれることとなるニャンコファミリー
(4匹の子猫たちと、両親)


鳥の親子。種類はなんだろう。

f:id:ROKIT:20170924081752j:plain



猿の群れ。


イグアナも何回か見た。


私たちは、海沿いの
デラックスルームのコテージで
一週間過ごします。


f:id:ROKIT:20171001191556j:plain



こりゃハネムーンやんけ。
というほど美しいお部屋。
ベッドには虫よけ、蚊よけの蚊帳。
※ 我々は、主に私は、蚊が嫌いすぎて
蚊除けリングを手足に、蚊除けスプレー、
ベープを持参していったのだった。

でもやはり海沿いの開放的な場所。
ハエや蟻が部屋に入り込むのは否めぬよ。


f:id:ROKIT:20171001204449j:plain



お風呂もすてき。


f:id:ROKIT:20171001191801j:plain



アメニティもぞろり。


f:id:ROKIT:20171001192614j:plain



また、窓の外のテラスからの眺めは最高。
こちら側の海岸は今の季節、波が激しい。

f:id:ROKIT:20171018025153j:plain




朝も目覚めると、波の音がきこえてくる。

ザザーン、ザザーン


f:id:ROKIT:20171018025402j:plain



部屋からすぐの浜辺を
ゆっくり歩いて過ごすのもいいな♡

こんな最高な場所で
一週間過ごせるなんて。


正直、これまで旅行といえば、
毎日プランを考えて
1日丸々時間を使ってどこかへ行って
何かをする。

まさか
こんなひとつの場所でゆっくりと
なんにもしないをするなんて。

こんなはじめての旅行に
どうなるんだろうとか思っていたけど
それはそれは素敵なあたたかい日々が
待ち受けておりました。


さあ、明日から始まります
まずは問診です。
毎朝ヨガもあります。
たのしみたのしみ。

おやすみなさい。











夏もおわり、秋の空に。


f:id:ROKIT:20170914064535j:plain


カタログかってほど、
嘘みたいに綺麗にとれた
としまえんのバイキング。





今年の夏。
おもえば、
寒い日が多かったなぁ。
そして、とっても早かった。


f:id:ROKIT:20170914063945j:plain



今年の地元ドライブは
阿字ケ浦の海に行った夏。


f:id:ROKIT:20170914063254j:plain



るんるんで場所取りに走った
我々の足元には無残な



ウルトラマンのかなしみ。



f:id:ROKIT:20170914063336j:plain




何があったんだ。
持ち主はどうしたんだ。


f:id:ROKIT:20170914063542j:plain


天気はちょっとくもりで
寒かったけど、
しばらくすれば海の中はあったかかった。
泳げないので浮き輪で、ぷかり。
友だちに委ねて右へ左へ。


f:id:ROKIT:20170914063638j:plain



海の家のラーメンうま。
カレーとなやんだけどラーメン。

さあ、午後も泳ぐぞー
(ゆだねるぞー)
と、意気込んでたのに。


海の家で仕事。


f:id:ROKIT:20170914063744j:plain



潮風、潮水、大敵。
完全防備で仕事。すまん。
途中から、すまん。

いつもわたしのまわりの友人たちは
本当に理解してくれる人達が多くて
泣ける。
この場をかりて、みなさん、
いつもありがとう。

一昨年も行った大洗の温泉はいって
ゆっくり◎


f:id:ROKIT:20170914064017j:plain


アイスおいしかった。






今年は
プールも行けた☆


f:id:ROKIT:20170914064346j:plain


姉とふたりで、としまえん

f:id:ROKIT:20170828012655j:plain



サングラスかけたけど
トシ率は低かった。
このサングラスを
こよなく愛することに決めた。

f:id:ROKIT:20170914064426j:plain


流れるプールと
波のプールで戯れる姉妹。

おねーが泳いでるのに
溺れてるみたいで面白かったから
溺れてるギャハハと言ってたら、
監視員さんが泳いで近くにきてた。

ごめんなさい。
黙ります。


f:id:ROKIT:20170914064447j:plain



プールのあとに
遊園地でバイキングに乗る
30越えた姉妹。

隣に小さな子どもの姉妹が座ったので、
こわくないの?おねーちゃんこわい。
と言ったら、

えー、こんなの全然こわくないよー!
と言って笑ってた。

イラかわいい。笑

楽しかったね。またこよう。





f:id:ROKIT:20170914065127j:plain


今年もスローライブ。

今年もとっても最高な時間だった。
雨女のふたりが、
まさかの天気にめぐまれた奇跡。
お天道様、ありがとうございます。

f:id:ROKIT:20170914064904j:plain


やっぱり夏はモヒート。
足元には必ずベープ。

本当に心地よくて、オトナタイム。
音楽が秋の空に今年もとけてく〜

ちょっと涙でるもんやっぱり。
しみじみ。


f:id:ROKIT:20170914065038j:plain



日々いろいろ。
誰かに会ったり、
実家に帰ったり、

f:id:ROKIT:20170914064710j:plain


1日家から出ずに
パソコン缶詰めだったり。

f:id:ROKIT:20170914063158j:plain


友だちに会ったり

ごはんしたり

おしゃべりしたり


f:id:ROKIT:20170914065227j:plain




夏がすぎるのは
あっと言う間。

忘れたくない思い出が
かききれない。

ぜんぶぜんぶ一個一個
かくつもりが。

こうなった。

うぅ。


そう。
たわいない1日も
小さな嬉しいことが
あるのです。



ロンドンと東京で
スカイプ5時間。
女子会で女子トーク
(遠い ↓笑)

f:id:ROKIT:20170819232208j:plain


友だちの幸せを
一緒にお祝いできるなんて
最高のひとときだ。



みんな今年もありがとう。


今日の昨日の思い出も
大切にしまって

また明日がんばるんだ。




仕事がもりちょす。

ネムイのだ。


そう、優雅にブログ
かいてる場合じゃない。

一刻も早くねるのだ。


今日はすごい集中力でたー

未完成、って、
なんか惹かれる。


目がねてる。

ぐう。