読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nora

tomo | Graphic designer, Illustrator | デザイン、イラストのお仕事をしています。日頃のたわいない独り言をつぶやいていきたいと思います。

書ききれぬが。

いつものメンバーを
S会と称してたまに集まる。

この間の集まりで
おいしい肉たちと
もつ鍋を食し飲んだ後

コンビニで勢いで
コーヒーとシュークリーム買って
近くの公園のベンチで
5人の大人が酔い覚まし。

私は更に勢いで
ガリガリくんリッチを買っていた。
正しくは買ってもらった。
ガリガリくんリッチ。

おいしいらしい。


f:id:ROKIT:20160317011612j:plain



帰り間際に10秒くらい
存在を忘れられ
誰にも気づかれることなく
他のゴミに埋もれて
ゴミ箱に放置された
ガリガリくんリッチ。


ゴミ箱から救出し
持って帰ったら

袋の中で液体ジュースに
なっていた。

完全なる液状化現象である。


仕方がないから
そのまま冷やすことにした。


数日たって

あ、そういえば
ガリガリくん。



そう思って食べることに。




・・・


ここまでを下書きで
書き残したまま



仕事だ確定申告だと

ジタバタしてたら、

上記下書きのつづきは勿論、
それ以外にも
今日までのいろいろな
できごとや思いを

書ききれぬ間に
いまになっちまった。

書ききれぬ。


書ききれぬが。

もりだくさんだった休日の
できごとをムギュッと
ちょっと書いてみよ。



うふ。
すてきなプレゼントたちを
ありがとう◎
ぜんぶぜんぶ大切に
使わせてもらっています。
どれもどれも大切な宝物。
ありがとう◎


お祝いありがと◎

かわいいキッズたちとの戯れ
ありがとう◎

私は3歳のこどもに対して
本気でムキになることが
わかりました。

一緒にお絵描きしてたら
自分が本気になってしまい

おねーちゃん、
僕も描けるよ

と手伝おうとしてくれる
やさしい少年に、

これダメー
おねーちゃん本気でお絵描きしてるから
これはおねーちゃんが描くの!


・・・


一緒に線路つなげて
電車走らせよう!
ってなったら、
自分が本気になってしまい

この電車は走っちゃダメなの!

という少年の
少年なりのルールに対し、

おねーちゃんは
この電車が走って
駅にとまるのがみたいの!


・・・


3歳のキッズたちに
本気でムキになる33歳。

いや、
3歳のキッズたちに
なぜか素直になれる33歳。


そんな少年が
自ら私の膝の上に座ってきた時の
あの感動。

今年1番の胸キュンは
確実にコレです。


3歳のキッズに
心奪われる33歳。


このこが成人になるまで待つとしたら・・
私53歳か・・

待てない!却下!
むしろ向こうがお呼びでない。




すてきなランチ、ごちそう、
ありがとう◎

お泊まり、お寺、
ありがとう〜〜◎

そして感じた。
わたしのまわりには、
ステキ女子がたくさん。

あやかりたい。



とにかく今しかできない
今を生きながら

仕事もプライベートも
駆け抜けてきたら
もう3月だった!ひー



いつもの我らタラレバ娘たちと
5月の待ちに待った
旅プランも決まったし◎
にやけちゃう。

後厄の厄除けも済ませたし◎
シンプルに。

欲しすぎずに。

今年はイヤなことが
ありませんように◎◎



さて

最初のガリガリくんのその後が
気になりますが

要約すると、
ぜんぶ溶けた後にまた凍ったから
棒がアイスの中に埋もれ沈む。
よって、
手づかみで食べるという

悲しい結末に。


手も口もベタベタの33歳
部屋でひとり
ガリガリくんを手づかみで食す。



明日は打ち合わせと共に
癒されに横浜いってくら〜〜


春はもうすぐだ