読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nora

tomo | Graphic designer, Illustrator | デザイン、イラストのお仕事をしています。日頃のたわいない独り言をつぶやいていきたいと思います。

筑波山

やばい今年のサマソニ
weezerもくる。

私的な勝手な読みでは今年
Coldplayがきっとくる。

くる、はず。


やばい!!!!!

ぜったいいく。



今からやばい。


でも今年
一緒に行く人いない。



と、興奮しながら書きます。
今日のブログ。



さてさて


1月のお話なのですが
(時系列完全無視です。)

毎年恒例の年明け筑波山
いってきました。
つくばさん!!

女体山!!

男体山!!


f:id:ROKIT:20160203022127j:plain



女体山から男体山!!




さあ

筑波山といえば思い出すのは

幼稚園、小学校時代の遠足ですね。

幼い頃はただひたすら
よくわからず登る!!

もちろん感受性とか
いろいろ良い影響、経験してる!!


でも大人になって感じる自然の

この喜びと心地よさの域!!




はい。メンバは

お決まりの
地元のひょうきん3人衆◎

筑波山までドライブー
今年で5回目?



神社にお参りして、
おみくじひいて。


f:id:ROKIT:20160119151953j:plain



毎年、勝守を買う。


だいたい

10月くらいに、

鞄の中から、

アレ!!

ここにも勝守あるっっ


え、これいつの!?
ぎゃ!
勝守ぞくぞくと
でてくるっ

どれだけ強欲だよ

てなってたけど、
今年はきちんと
お炊き上げに出してきました。

ありがとう勝守。


ちがうよ
お焚き上げだよ。



ちなみに
昨年はしっかり登山。
山頂目指して、
途中で通りかかった
おじちゃんから筑波山の話
いろいろきいて。

↑またしっかりお話聞きはじめて
終わりどころを見失うパティーン。

でもとてもいいお話だった。

おじちゃんありがとう。
あのおじちゃん、神様だったのかな。


(以前にも友と長崎軍艦島いくとき
同じ現象になり、そのおじちゃんも
神様だったのではと結論に至った。)

(日野でも…  団体説明だったはずが
だんだんおじいちゃんが歩み寄り
最終的に2人きりで喋っていた。
あれも神様だったのやもしれん。)

いや、
ただおじちゃんは話が
とまらないだけか。

もしくは
だれか私を止めてくれ。



話それた。

そう。
知っていましたか。
日光東照宮より以前に
家光さんが
見猿聞か猿言わ猿を
つくったという事実。

筑波山で試しにつくったのか?)
右の奥の方にありました◎
みづらいけどっっ

そして、

筑波山は、筑波山自体が
神様であるという事実。

だから登山するのには
鉄製ではなく、木製の杖を
使わねばならないらしいのです。


そんな話を
お山の途中で
聞かせてもらったんです。

昨年のことです。



でも、

だめね今年は。

30すぎた3人の女たちは
文明の利器に頼るという
決断を下しました。


サムイも〜〜ん
と身を寄せ合う
そう若くはない女たち。


途中で
勢いにのった私は
おもむろに
縦笛を買い、



f:id:ROKIT:20160119151521j:plain




登頂でひと吹き。
ボエーーーーー。



うむ。
趣き。



f:id:ROKIT:20160203021924j:plain



しかし、
山頂で売っている縦笛の方が
ほんの少し太めであることに気づき

うおーーー
こっちがよかった!
こっちで買やよかった!!

と叫ぶ私を
友人たちは取り押さえ


その後
あったかつくばうどんたべて


f:id:ROKIT:20160203021641j:plain



くるみ味噌だんごたべて


f:id:ROKIT:20160119152456j:plain




また文明の利器に頼って
下山しました。


f:id:ROKIT:20160119153011j:plain



…  さむいわ!!


て思ってたら


友人アイスたべてた。





かえりに
銭湯つかって
極楽極楽〜〜


たまらぬ〜〜。


f:id:ROKIT:20160119152431j:plain



こちらのみよこの七味。
ステッカーまで作ってしまった
陽気なオバちゃん。

NHKで取材も受けたみたい。

とってもおいしかったので
友人が購入。

私は唐辛子入りの梅茶を購入。
からだがあったまる〜



f:id:ROKIT:20160203024737j:plain



突然ですが、

私はカエルが苦手です。


しかし筑波山で売ってる

金と銀のチビガエルたちを

お財布にいれると


お金がカエル、

若ガエル、


ということで3、4年前くらいに
買って入れることにしました。


お仕事が軌道にのりました。
(※個人の意見です)


でも1匹迷子になりました。

カエルが帰ってくるのを
今は待っています。


あ、↑上の写真のじゃないよ。
あれは人が歩くたび
振動でプルプルふるえる
カエルの置き物なりよ。

なんか、
おびえてるのかい?

て思って、撮った。



そんなこんなの、



筑波山には
あの弁慶でさえ恐怖で
七戻りしたと言われる、
弁慶の七戻りという
場所もあって
(名前そのまんま!)


山登りするにも
とても気持ちいい◎



梅の時期は梅がキレイで
春になるとカタクリの花も
見られるとのことで。

ぜひ筑波山、きてみてください◎

小さい頃から毎日何気なくみていた
気付いたらいつもそこにいた

筑波山への思いを綴ってみました。


f:id:ROKIT:20160203031645j:plain



都道府県
魅力度ランキング
3年連続最下位の

それでもやっぱり
イバラキが、スキ。

キ!!!!!





さいごに。



実家で、

私のこの世における
最強ごはん、
これだけで一生いける
無敵ごはん、
無人島で
持っていけるとしたら選ぶ
納豆たまご米の3食材、


そう。
卵かけ納豆ごはんを

実家でチョット酔っぱらいながら
食べようと思ったんです。



納豆かけて、
たまご割ってのせようとしたら。





f:id:ROKIT:20160203015926j:plain




納豆ですべって
おちた。