読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nora

tomo | Graphic designer, Illustrator | デザイン、イラストのお仕事をしています。日頃のたわいない独り言をつぶやいていきたいと思います。

自然に癒されたい。そうだ、カナダいこう。③

バンフ4日目。


知っていますか。

バンフの街なかのゴミ箱。

フタが開きづらくなっていて

更に斜めになっているんです。



f:id:ROKIT:20160523031424j:plain



なぜか。

クマが開けないように。

クマが乗っからないように。


クマさんがゴミ箱の中のものを食べて

身体を壊さないように。

自然を、動物を、大切に守るため◎


さらに、

バンフはほとんどが2階建ての建物です。

それも、国立公園内のきまり。

だから私たちのホテルの部屋も

7階のはずなのに、地上から数えると1階。


上に建てるのではなく

下に建てているとのことでした。

自然と共存するからこその決まり。

ナルホド◎◎

徹底されているなぁ。。

だから自然も街もこれだけ

綺麗に維持されているんだなぁと

ひしひし思いました。


さて◎


本日は朝から近くのハイキング。
午後からバンフの街歩き。

ねむーい○○○


朝食はおすすめされた
メリッサでエッグベネディクト
大きなパンケーキをメープシロップで
いただきました。
コーヒーと一緒に。おいしい。
パンケーキも大きくてとても素朴で
私これすごい好き◎

お店のおじちゃんが
すごいダンディーボイスで
ヘイガールズ
って言ってきたから
キャイキャイ言ってたら、
奥のテーブルのおばちゃんたちにも
ヘイガールズ
って言っていた。


f:id:ROKIT:20160602002533j:plain



エッグ3つのベネディクト。
パンケーキ2枚。
これを3人で食べても
もうお腹ぱんちくりん。
むしゃむしゃ

さあ身体を動かそう。


f:id:ROKIT:20160529142959j:plain



おいしい朝の空気を吸いながら
やってきたは
フェンランドトレイル。
街を歩いたらすぐのところ。


f:id:ROKIT:20160529143015j:plain



ここは地元の人たちの
朝の散歩コースのようです。
ひとりで歩いていたり
夫婦で仲良く歩いてたり
犬の散歩だったり
サイクリング⁉︎だったり。

今日こそクマに会えるかなぁと
メメさんは自作の
よう分からんクマのうたを
うたいながら歩いていきます。
昨晩クマ博士メメさんから
クマ講習を受けたノンさんと私は
これ今クマに出会ったら
我々死ぬのではないか。
唐辛子スプレーないし
まじ死ぬのではないか。
という疑念と不安を抱きつつ
歩いていきます。


天気もいいし空気も澄んでるし
本当に気持ちのいい朝のハイキング。


f:id:ROKIT:20160523031349j:plain



途中、3人揃って写真でも撮ろうと
カメラのタイマーチェックを
していたときでした。

タイマーチェックに夢中のノン&メメ
ポジションチェックのため
少し離れてひとり双眼鏡片手に
ポージングしている私。

ちん。


f:id:ROKIT:20160529142051j:plain



「もうちょい右ー」
「ヘイヘイ」
「ちょい前ー」
「ヘイヘイヘイ」



…ガサッ


!!





・・何か、いる。。

昨晩のクマ講習が脳裏をよぎる。
硬直する私。
2人はまだカメラチェックに夢中だ。

2人に伝えねば。


「いるっ…いるっ…」

「え?」


ピョコ。



f:id:ROKIT:20160523034204j:plain



「しか!…シカ!… ?」

…     え? シカ・・・?


なんと顔を出したのは
ミュールディアでした。
たぶんミュールディア。
いや、ホワイトテイルディア?


近!シカ近!!

…きゃわいい。

でもシカ近!!
近すぎて、大丈夫かなぁってくらい
近い!!
しかしこちらの様子を気にすることなく
必死に草をはむ彼または彼女。

こんなに近くで野生動物と
出会うことができるなんて。
やはり自然との共存てすごい。


f:id:ROKIT:20160529134813j:plain



途中で出会った
かわいい子犬の柴犬と姉さんワンコも
たまらなくかわいかったなぁ◎

日本の名前つけてて、
柴犬も海外で流行っているみたいです。
らぶたん思い出した。きゅん。


ハイキング出口を出て、
フェンランドトレイルから
足をのばしてバーミアンレイクへ。


f:id:ROKIT:20160523033141j:plain



メメさんノンさんの後ろから
ちょっと独り言いいながら
カメラ小僧。


f:id:ROKIT:20160529133958j:plain



陽射しが気持ちいい。
サイクリングする人たちが
通り過ぎる。

最高だろうなぁ。
でも、突然クマとかリンクス現れたら
絶対こわい。。
そういう事故も時にあるみたいです。


f:id:ROKIT:20160529134956j:plain



バーミアンレイクで
ひたすらたたずむ。
ずっとここ居られる。
ずっとここ居られる場所ばかり。
キラキラ水面に水鳥たち。


f:id:ROKIT:20160523031330j:plain



ランドル山もみえる。


f:id:ROKIT:20160523030216j:plain



しばらくボーッと
何をするでもなく岸辺に座って
景色を眺めていたら
車にカヌーをのっけて
地元のおじちゃん夫婦たちがやってきた。
どうやら岸辺でランチをたべて
その後カヌーをするらしい。

そんな休日、最高すぎる。

そろそろ行こうか。
我々も軽く腹ごしらえを、
と安定のTim Hortonsへ。
フローズンレモネードと
またハニークルーラーをチョイス。

f:id:ROKIT:20160523031251j:plain



途中、民家を通りながら
行きに閉まっていた教会が開いていたので
お邪魔させていただきました。
ステンドグラスがきれい。

どのおうちもかわいくて、
駐車してあるキャンピングカーも
いろいろな種類があってかわいかった。


f:id:ROKIT:20160529134737j:plain



スーパーに寄って、
またアイスワインを求めて
酒屋さんのオープンを待機しつつ、
更に街の中心部へ戻る。

メープルシロップにはレベルがあるらしく
基本的に雑味を含んだミディアム以下が
地元ではよく好まれるらしい。

ミディアム購入。

ひととおり、持てる分の買い物を終え
ちょっと早めの夕食にすっぺと
いざ、タバーンへ!
初日は満席で入れなかったので
今日は早めにきたら入れました。

ビールはガイドさんオススメの
Kokaneeをオーダー。


f:id:ROKIT:20160523031053j:plain



お子ちゃまメニューと言われるマカチー。
これずっと食べてられる。。

チキンウィングと、折ったピザ。
メープルシロップとチリをつけてたべる。
これ、はまる。。
でも食べきれないから
持ち帰りボックスにつめてもらいました。





お腹もココロも満腹満足で
お店を後にし、歩いていると
なんか、なんか黒板発見。

わーい、チョークもある。
てなわけでヒョロヒョロとラクガキ。
黒板の本来の意味を無視してラクガキ。
ごめんなさい。
でもめっちゃ楽しい。


f:id:ROKIT:20160523031207j:plain



バンフの思いをここに記す。


f:id:ROKIT:20160523030200j:plain



空きっ腹だったからか
この時実は結構酔っ払っていました私。
一杯半で。
しかし、バンフで酔っ払って
ヨタヨタ歩きをしていると
捕まるという噂をきいたので
がんばりました。


f:id:ROKIT:20160523031233j:plain



良い気持ちのままバスでホテルに戻り
ホテルのケーキを半額でゲットし
バンフ最後の夜を堪能。

今回の旅でメメさんは2曲の歌を作曲。
クマの歌と、脳裏にやきつく絶対ソング。
そしてこの日もベッドの上の
3人並んで筋トレ体操 欠かしません。

最後のオーロラさがしをしてから
明日のバンクーバーにむけて
パッキングを完了し、眠りにつきました。

あっと言う間のバンフ。
ありがとう、バンフ。

本当にすがすがしい、
気持ちの良い快晴の毎日。
いろいろなグッドタイミングがつづいた
すてきなバンフ滞在でした。
ありがとう。


明日はバンクーバーよ、こんにちは。
おやすみなさい☆


f:id:ROKIT:20160523032233j:plain



カスケード山◎