読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nora

tomo | Graphic designer, Illustrator | デザイン、イラストのお仕事をしています。日頃のたわいない独り言をつぶやいていきたいと思います。

また行きたくなっちゃった。そうだ、メキシコいこう④

朝4時15分起き。

睡眠時間、2時間半。

いざ、サカテカスへ。

f:id:ROKIT:20161120123822j:plain






さよならを告げ

まだ真っ暗な闇の中、
タクシーで空港へ。
手続きをすませて、とぶ。

前にオアハカ移動した時を思い出す。
飛行機から見る景色は面白くて
ずっとずっと見てしまう。


f:id:ROKIT:20161208003953j:plain



徐々に、赤土が広がってきた。
別名ピンク・シティ。
 
町中がピンク色なのです。


標高は更にあがって
2,500m

鉱山都市であります。


サカテカスに到着し
はやる気持ちをおさえて
空港でまずトイレへ。

もよおしたところで
手洗い場の石鹸の
使い方が分からず
友人がぺんぺんしてたら

石鹸がとんだ。

さすが中学では陸上部の友。
瞬発力とパワーは衰えぬ。
そして怪力である。
(ごめんなちん。許してくだちん。)

正直わたしは
飛んだ石鹸よりも
彼女から咄嗟に出た
『Oh Shit!』
に、Woohoo!!
って心で叫んだ。


荷物をゴロゴロひきながら
タクシーにのりこむ。

空港のまわりは何もなく
ただただ広い自然が広がるばかり。
長い長い線路。

サボテンも生えている。


f:id:ROKIT:20161120093457j:plain



徐々に建物がみえてきた。


タクシーで、ついに
あの、キンタレアル ホテルへ。
もともと闘牛場だったという、
素晴らしいホテルのスイートルーム。

絶句。


f:id:ROKIT:20161120101126j:plain




これは      すごい。
まるいまるい。
ぐるーっとまるい。

フロントで出された
オレンジジュースも
はんぱない。

オサレで120%しぼりたて。
このホテルでは
英語がつうじる。

ポーターさんも
いいひと。

ひとまず、チェックインまで
時間があるので
サカテカスの街へ出よう!

本日も快晴。

なんと、、
てくてく歩いていると。

パレードやってた!!!


f:id:ROKIT:20161120105322j:plain



人がすごいとおもたら!
サカテカスのうすいピンクの通りの奥から
どんどんどんどん

ぞくぞくとやってくる
鼓笛隊にパフォーマーに。

おや?と思ったら
急に進路かわって
こっちきた!


f:id:ROKIT:20161120113351j:plain



様々なパフォーマンスを
見せてくれた。

ずんずんずんずん


f:id:ROKIT:20161120113553j:plain



ついには
消防、ポリス、馬、もう
街をあげての大々的パレード。

ちょっとした演出も
ある。


f:id:ROKIT:20161120113407j:plain



そう、本日は
メキシコ革命記念日。


f:id:ROKIT:20161120113438j:plain


さわやかなお姉ちゃん。
にぎやかなパレードは
まだまだつづく。


f:id:ROKIT:20161120113508j:plain


まーー。」



f:id:ROKIT:20161120113741j:plain


かっくいーポリセンテ


f:id:ROKIT:20161120113817j:plain



ありがとうサカテカス
ありがとう友よ。

とにかく、見ごたえ満点。


f:id:ROKIT:20161120115951j:plain



途中の露店で
平たいサルサとチーズ
挟んだみたいなやつ
頼んで買ってみる。


f:id:ROKIT:20161120112057j:plain



みんなにジロジロ見られ
やはり笑われちゃったけど
とりあえず食べながら
パレードをみる。

パレード後には
街を散策。


f:id:ROKIT:20161120121533j:plain



寝てないのと
これまでフル回転で
歩き動きまわったためか
なんだか
ボーーっとしながら

でも、街をみたい、歩きたい、
の欲でひたすら歩くの巻。


f:id:ROKIT:20161120122957j:plain



とにかく、
とにかく、
街が本当にピンク。


f:id:ROKIT:20161120134323j:plain



うすいピンクと
カラフルと、
淡い色の配色と、
ちょっと汚れた
つちっぽい
あの感じ。
たまらない。
これ、この街、
本当に、すき。


f:id:ROKIT:20161120153404j:plain



ぜんぶすき。
壁に描かれた文字、店の名前、
テキトーな感じもぜんぶ。


f:id:ROKIT:20161120133957j:plain



街の中心部、
大きな大きなカテドラル。
隙間なく装飾が彫られた


f:id:ROKIT:20161120124910j:plain



カテドラルもぜんぶピンク色。
中もピンクの柱。


素晴らしい。

中は沢山の人達。
みんな中をしげしげ見たり、
また、お祈りをしていたり。
メキシコでは
人口の9割がカトリック信徒と
いわれている。

私は旅行に行くと
よく教会へ入ってしまう
習性があるらしいのですが
その度に

前も書いたかもだけど
行った時にも

自分が宗教ももたず
ただ観光にきていることに
罪悪感をかんじるほど
素晴らしかったし

お祈りをしにきている人達は
ひたむきで真剣で誠実で

なんかそんな気持ちになる。



f:id:ROKIT:20161120125836j:plain



壮大で荘厳で
本当素晴らしかった。


f:id:ROKIT:20161120133500j:plain




とはいえ、
とにかく、
ひたすら眠い我々は

おそろしく眠いし
なんかボーっとするんだけど

だけど
街をなめるように見たいし
とにかく歩きたいし
時間をフルに使いたい欲求で

頭と心と身体のベクトルが
確実にバラバラであった。

互いに、
あたし今すっごい興奮してるから。
あたし今すっごいテンション高いから。

と言いながら
おそろしく無表情であった。

互いに静かで
おそろしく無表情なんだけど
確実に各々のベクトルは
同じ方向を向いていた。

静かなる
テンションMAX


人間てこんな複雑な思考も
できるんだね。


f:id:ROKIT:20161120134053j:plain



ゆっくり休みつつ
きになるすべての道をのぞく。


f:id:ROKIT:20161120134251j:plain



ひと休みにえらんだのは
地球の歩き方にも書いてあった
お店


f:id:ROKIT:20161215032740j:plain



内装もカラフルで
かわいすぎて脳みそが
疲労困憊。
スープ、めちゃおいしかったわー


(↑この部分、旅中にほとんど
眠りながら旅メモしていたみたいで
もはや文章が疲労困憊してる。)


f:id:ROKIT:20161120142238j:plain



EL PUEBLITO

シナモンがかかった
メキシカンホットココアも
本当にほっこりしました。


f:id:ROKIT:20161120140539j:plain



ちょっと復活したどーー

元気たくわえた私たちは
ここからまた地図を片手に街を
練り歩くであります。


f:id:ROKIT:20161120152612j:plain



勘を頼りに
何か面白そうな道をただひたすら
歩く。
小道、路地、坂道、


f:id:ROKIT:20161120152428j:plain


階段!


f:id:ROKIT:20161120152920j:plain



たまらないのです。
(もうとにかく写真みて)


f:id:ROKIT:20161120164841j:plain


くるくるトゥイーティー


f:id:ROKIT:20161120153139j:plain


めちゃめちゃ右へ
うながされるの巻。



f:id:ROKIT:20161120153515j:plain



ひたすらひたすら歩き
ジロジロ見られながら
Holaと笑顔を振りまきながら


f:id:ROKIT:20161120153521j:plain


(↑この兄ちゃんたちにも。)



f:id:ROKIT:20161120153719j:plain



てくてく。


f:id:ROKIT:20161120154329j:plain




道をとにかく歩くよ。
奥に入ってみるよ。


f:id:ROKIT:20161120154424j:plain



歩く歩く。


f:id:ROKIT:20161120154620j:plain


やっぱり今日も
アジア人をなかなか見ない。
でもサカテカスは観光客が
多いと思った○


f:id:ROKIT:20161221033602j:plain


鳩も水をのむ。



f:id:ROKIT:20161120160043j:plain



生活感を感じる家々。
大通り沿いよりも
こちらは地元の人達の
生活の声がきこえてくる。


f:id:ROKIT:20161120160302j:plain


こちらの教会は
残念ながら閉まっていた。


f:id:ROKIT:20161120160820j:plain


ただただ街を歩いて
そこに住む人たちを感じるのも
本当に良いものである。


f:id:ROKIT:20161120161938j:plain



ポンチョのおばあちゃんの
うしろを追いかけて歩いていたら
更に裏通り。


f:id:ROKIT:20161120161956j:plain


色合いすてき。



f:id:ROKIT:20161120162453j:plain



f:id:ROKIT:20161120162517j:plain


タイルもかわいい。
これが、自然体だから
そこがまたいい。


f:id:ROKIT:20161120162719j:plain


わたし、↑洗濯物フェチなのか
やたら反応してしまう。
(下着とかじゃないよ)


f:id:ROKIT:20161120163144j:plain


ぶらさがりものに
弱いのかしら。
これ本当すき。


f:id:ROKIT:20161120164050j:plain


明日あのてっぺん行くんだ。
ロープウェイで
街を見下ろしながら。


f:id:ROKIT:20161120164507j:plain


ワンコと気持ちが
つながった瞬間。



f:id:ROKIT:20161120165226j:plain


路地最高だぜ。


f:id:ROKIT:20161120165838j:plain


崩壊済み。
はてしなく心細い木の柱で
一応支えてある。


f:id:ROKIT:20161120170641j:plain



ビデオクラブボーイて
なんやねん。



f:id:ROKIT:20161120170827j:plain





皆さん。


f:id:ROKIT:20161120171255j:plain



お気づきだろうか。



f:id:ROKIT:20161120171642j:plain




載せたい写真の数と
文章のバランスが


崩れてきていることを。


f:id:ROKIT:20161120171145j:plain



そうです。



f:id:ROKIT:20161120171952j:plain



まさにこれこそ
この日の私たちの
思考回路。



f:id:ROKIT:20161120172642j:plain



無心に歩く。



f:id:ROKIT:20161120173208j:plain



見たいから歩きたいから
ぷらぷら歩く。


f:id:ROKIT:20161120173443j:plain



いや、まあ
こうして今になって写真をみると

よく歩いたと思うよ。
この標高の高さを。
あの睡眠時間で。


f:id:ROKIT:20161221040124j:plain



たぶん興奮状態で
歩いてたんでしょう。


f:id:ROKIT:20161221040147j:plain



けどさすがに今日は
早めにホテルにもどって
体力温存にかける。



ちょっと途中お店入りながら
(売り子の女の子かわいすぎ)

ホテルへ。


朝に到着したときは
まだチェックインには
早すぎたから
まだお部屋を見ていない
私たち。

ポーターさんが
部屋へ通してくれた。


それは、

想像をはるかにこえた。


部屋!
風呂!
アメニティ!

くたぁ〜〜

(↑興奮するのにさすがに
もうつかれた)


これは。。
スイートルームや。。

女子ふたりちゃう。。

新婚さん用の
スイートルームや。。


友の旦那よ、
すまん。。
あなたの奥さんと私は
今日ここに泊まるわ。



久しぶりにお湯をためて
まっすぐつかる。

まっすぐすっぽり
入っちゃう。

こんな
素晴らしいホテルは
はじめてです。

ありがとうございます!!
ありがとうアミーガ!!

今日はぐっすり
ゆっくり眠れそうです◎

ねるぞ!
もうねる!

おやすみなさい。


f:id:ROKIT:20161221040109j:plain



でもイソディンは
忘れないよ